スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 賞与の12分割について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

賞与の12分割について

著者  ingalls さん 最終更新日:2018年07月03日 09:19
ベンチャー企業で2年前まで従業員4名→50名へ。(従業員です)
給与体系の確立を準備しています。
現在の賞与の支給は、年間2か月分を12分割して支給。
この金額は基本給として加算されて計上されています。
 例 基本給30万円 → 年俸30×14 420万
   月支給 420÷12 35万 …35万が明細の基本給 
会社側・従業員側のそれぞれにメリット・デメリットはあるのでしょうか。
ご回答のほどお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 賞与の12分割について

著者  ぴぃちん さん 2018年07月03日 11:26
その支払い方法ですと、税務の上でも、社会保険料の月額報酬においても、賞与でなく月々の給与の扱いになります。
源泉される所得税においては、予め支給額が定められているものは賞与の扱いになりません。
社会保険料においては、年4回以上支給されるものは標準報酬月額の対象になります。


御社においてであれば、賞与の支給の基準日をどのように設定して、その支給をどのようにするのかでしょう。基準日に1か月相当を以降の月で6分割して支払うのであれば、それまでに退職した場合でも、給与の支払いはなくなりますが、その賞与の支払い残高はのこることになるかと思います。
その点で、御社内で、賞与とするのか、給与とするのか、でしょうね。



> ベンチャー企業で2年前まで従業員4名→50名へ。(従業員です)
> 給与体系の確立を準備しています。
> 現在の賞与の支給は、年間2か月分を12分割して支給。
> この金額は基本給として加算されて計上されています。
>  例 基本給30万円 → 年俸30×14 420万
>    月支給 420÷12 35万 …35万が明細の基本給 
> 会社側・従業員側のそれぞれにメリット・デメリットはあるのでしょうか。
> ご回答のほどお願いいたします。

返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク