スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 退職者の社会保険料徴収漏れ後の対応

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

退職者の社会保険料徴収漏れ後の対応

最終更新日:2018年07月11日 13:42
削除されました

スポンサーリンク

Re: 退職者の社会保険料徴収漏れ後の対応

著者  村の平民 さん 2018年07月10日 17:27
著者 しろみるく さん最終更新日:2018年07月10日 15:42について私見を述べます。

① 源泉徴収票は7月の時点で発行する必要は無いと思います。一般的には、10月に発行しても十分間に合います。

② 本人からの請求により、既に今年分の源泉徴収票を発行して居られるのでしょうか。
 もしそうであれば、本人に連絡して発行済みの源泉徴収票は貴社の手で廃棄して、正しい数字によるものを作成交付しましょう。

③ 退職時の社会保険料を誤って少なく徴収したのであれば、本人に連絡して、差額を会社へ支払うことを求めましょう。

④ 社内事情がどうであろうとも、正しく給与計算をしなければ法令違反です。月次決算制度は貴社独自のものですから、それを理由として違法な処理は許されません。

⑤ 当然、給与から控除すべき社会保険料は、法定のものですから、正しく計算し直して、その結果による源泉徴収票を交付しなければなりません。
 それによって、次の就職先では正しい年税額の計算が可能になります。次の就職先でどのようになるかを貴社が思案する必要はありません。いらぬ出過ぎた心配と言えます。

⑥ 貴問②のことは社外の者には到底言及不可能なことです。しかし、再計算ができないというのは、如何なものでしょうか。月次決算をして居られるほどの経理マンが居られるのですから、再計算ができて当たり前、硬直した不思議な制度・知識だと思います。
 素朴な質問ですが、現金の動きは無いのに、「給与支給日からの日々の出納が合わなくなる」のも理解できません。また、「預り金」処理であれば、月次の損益には影響しないはずです。
 もっとも、給与天引きの本人負担保険料を、預り金勘定で処理している当たりは、形骸化した経理システムであって、実務的システムでは無いと思いますが・・・
返信新規投稿する

Re: 退職者の社会保険料徴収漏れ後の対応

著者  ton さん 2018年07月10日 17:35
> 月末退職者の社会保険料について、最終給与で退職月分の社会保険を徴収する際に、
> 誤って少ない金額で徴収してしまいました。
> 最終給与支給後に徴収漏れが発覚し、取り急ぎ本人にお詫び・説明をして不足分を
> 支払っていただく事をご了承いただけましたが、その後の処理について伺いたいです。
>
> ①個人負担分社会保険料の仕訳
> 当社は個人負担分社会保険料を『預り金』で処理していますが、
> 退職者からの入金時の仕訳は、『当座預金/預り金』でよいでしょうか?
>
> ②給与計算のやり直し
> 遡って給与計算をし直すと、諸々の仕訳はもちろん、給与支給日からの
> 日々の出納が合わなくなるため、やり直しできないものという認識です。
> 当社は月次決算制度(?)をとっており毎月経理の締めを行なっていますが、
> それも締まっているため尚更やり直しというのは現実的でないと思っております。
> 給与計算や賃金台帳等は、誤った状態のままにしておいても問題ないでしょうか?
>
> ③源泉徴収票の再発行
> 社会保険料の差額を徴収したことにより、源泉徴収票の『社会保険料等の金額』欄
> を訂正しないといけないと思うのですが、その部分のみ手計算で直して再度発行しても
> 問題ないでしょうか?
> 給与計算をし直せば所得税も変わるので、『源泉徴収税額』欄も変わると思うのですが、
> 再計算しない予定の為、その欄は実際に所得税として徴収した額をそのまま記載しておき、
> 次の職場の年末調整もしくは確定申告で、差額分を本人へ還付してもらえるのでしょうか?
>
> 以上3点について、ご教授いただきたいです。
> 労務に携わって半年の未熟者の為、質問の意図が伝わらなかったら申し訳ありません。


こんばんは。一案として…
ソフト計算されていると思います。
退職処理を取消て翌月に不足社会保険料分の明細を作成しましょう。
その上で源泉徴収票の再発行となります。
ソフト利用で発行されるものを手計算で治すのはやめたほうが良いでしょう。
源泉徴収票だけではなく源泉簿等へも影響出ますし、仮に再発行依頼が来た場合に対応出来ません。
また間違ったまま放置することは出来ません。正しく対応しましょう。
給与台帳としては
支給額 0円
社会保険料 不足額分
雇用保険 0円
源泉 0円
結果マイナス明細
そのマイナス分を振り込んでもらうだけです。
他の職員分もありますので仕訳としては
未収金 / 預り金 で処理
入金時は 資金 / 未収金 となります。
マイナス明細書は本人に送付する必要があります。
とりあえず。
返信新規投稿する

Re: 退職者の社会保険料徴収漏れ後の対応

2018年07月11日 13:41
削除されました

Re: 退職者の社会保険料徴収漏れ後の対応

2018年07月11日 13:41
削除されました
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク