スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 振込処理の際の伝票計上について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

振込処理の際の伝票計上について

著者  たいぞっこ さん 最終更新日:2018年07月31日 20:14
いつもお世話になっております。
振込処理の際の伝票計上についてうかがいたいと思い投稿しました。

昨今ではインターネットバンキングの普及により、振込日の数日前に振込予約をすることが簡単にできるようになりました。

そこで、当月に発生した振込処理について、いつ伝票計上しているのか、皆様のご意見をうかがいたいです。
例えば、健康保険料や厚生年金保険料の支払いなど、当月給料日に発生し、月末に支払うものについて、

① 振込予約をしたときに伝票計上し(未払計上)、実際に支払ったときにそれを取り崩す(未払取崩)。

② 振込予約をしたときは伝票を計上せず、実際に支払ったときに伝票を計上する。

のどちらの処理をしているでしょうか?
私の会社では、①の処理をしているのですが、どうにも納得がいきません。②の処理でいいと思うのですが……。


ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 振込処理の際の伝票計上について

著者  ton さん 2018年07月31日 21:57
> いつもお世話になっております。
> 振込処理の際の伝票計上についてうかがいたいと思い投稿しました。
>
> 昨今ではインターネットバンキングの普及により、振込日の数日前に振込予約をすることが簡単にできるようになりました。
>
> そこで、当月に発生した振込処理について、いつ伝票計上しているのか、皆様のご意見をうかがいたいです。
> 例えば、健康保険料や厚生年金保険料の支払いなど、当月給料日に発生し、月末に支払うものについて、
>
> ① 振込予約をしたときに伝票計上し(未払計上)、実際に支払ったときにそれを取り崩す(未払取崩)。
>
> ② 振込予約をしたときは伝票を計上せず、実際に支払ったときに伝票を計上する。
>
> のどちらの処理をしているでしょうか?
> 私の会社では、①の処理をしているのですが、どうにも納得がいきません。②の処理でいいと思うのですが……。
>
>
> ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


こんばんは。私見ですが…
事業所によって異なると思いますが統一処理、継続処理をされていれば問題ない内容かと思います。
①の方法であっても数日後には資金移動するわけですから未払処理の必要があるかどうかも事業所によるでしょう。
個人的には不要とおもいます。
①はあくまで予約で実際に資金移動がある訳ではないので資金移動した時点で処理する②もよくある扱いです。
通帳と一致しなればならないのであれば②で十分かと思います。
また社会保険が振込とありますが協会けんぽであれば自動落ちかと思いますが毎月自己振込なのでしょうか。
給与時はあくまで預り金で支払時に法福と預り金と振り分けますからこちらは給与時に未払処理の必要はないと考えます。
請求日…落ち日も月末になっており社会保険請求書ではなくお知らせですから直処理で十分でしょう。
未払対応は月ズレが起きた時くらいかと思います。
給与支給日に預かった、月末に支払った…支払時直処理…で未払処理をする事業所は少ないかと思います。
とりあえず。
返信新規投稿する

Re: 振込処理の際の伝票計上について

著者  たいぞっこ さん 2018年08月01日 07:09
ton様、いつもご回答いただきありがとうございます。

確かに統一処理、継続処理をされていれば問題ない内容なのですが、非効率的かつ不必要な処理ではないかと思います。
必要ないのであれば、②の方法をとれば伝票計上は1回で済みますし。

色々とおかしい(現経理課長になるまではまともだったのですが)会社なので、また「?」なことがありましたらお伺いしたいと思います。よろしくお願いいたします。


なお、社会保険について、健康保険は自己振込です。
返信新規投稿する

Re: 振込処理の際の伝票計上について

著者  ぴぃちん さん 2018年08月01日 07:48
御社の帳簿の作成だけを目的にするのであれば、②の方法で十分であると思います。
ただ、数日前の振込予約であれば影響はほぼないかと思いますが、未払金を計上することによって、キャッシュフロー等を把握することにも利用している場合があるかと思います。販管費分の未払金をどのように考えるのか、も会社によって異なるかと思います。
御社に、顧問の税理士さんや会計事務所があれば確認されてもよいかと思いますし、従前の方法があるので前任者等からも説明を受けて処理を行うことがよいかと思います。



> いつもお世話になっております。
> 振込処理の際の伝票計上についてうかがいたいと思い投稿しました。
>
> 昨今ではインターネットバンキングの普及により、振込日の数日前に振込予約をすることが簡単にできるようになりました。
>
> そこで、当月に発生した振込処理について、いつ伝票計上しているのか、皆様のご意見をうかがいたいです。
> 例えば、健康保険料や厚生年金保険料の支払いなど、当月給料日に発生し、月末に支払うものについて、
>
> ① 振込予約をしたときに伝票計上し(未払計上)、実際に支払ったときにそれを取り崩す(未払取崩)。
>
> ② 振込予約をしたときは伝票を計上せず、実際に支払ったときに伝票を計上する。
>
> のどちらの処理をしているでしょうか?
> 私の会社では、①の処理をしているのですが、どうにも納得がいきません。②の処理でいいと思うのですが……。
>
>
> ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
返信新規投稿する
1~4  (4件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク