スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 有給休暇と休息期間の関係について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

有給休暇と休息期間の関係について

著者  KANIE さん 最終更新日:2018年08月05日 08:52
お世話になります。

厚労省が定める「改善基準告示」より、
有給休暇と休息期間の関係についてお尋ねします。

例えば・・・

月曜日・・・12:00~23:00
火曜日・・・有給休暇
水曜日・・・公休
木曜日・・・5:00~15:00

このようなシフトがあった場合。

改善基準における休日要件は、
休日24時間+休息期間8時間=32時間以上となっていますが、
水曜日の公休を「法定休日」として扱うことは可能でしょうか?
つまり、有給休暇を休息期間(24時間)として扱うことは可能か?
と言う内容です。

なお、変形労働時間など就業規則上の問題はクリアしていると仮定します。

何卒、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 有給休暇と休息期間の関係について

著者  村の長老 さん 2018年08月06日 07:22
改善基準告示には次のように扱うように書かれています。

まず労基法の1日は暦日扱いであって午前0時から24時間を指します。一方、ドライバー職においては始業時刻から24時間を1日と扱います。
原則としては休息期間の8時間に24時間加算した32時間があった場合に休日1日を与えたとされますが、少なくともこれが30時間はなければならないという特例もあります。

火曜日が年休とのことですが、この日年休を取得しなければ始業時刻はどうなっていたのでしょう。取得することがわかっていたので配車シフトに入れなかった場合は、通常の始業時刻がその時刻となります。これにより水曜日の休日を1日とカウントできるかどうか判断することになります。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇と休息期間の関係について

著者  クマタ さん 2018年08月06日 12:09
火曜日の有給休暇は労働の実態がないため、休息期間と考えられます。

したがって、月曜日・・・23:00~水曜日・・・5:00までに休息期間8時間+24時間の自由時間が確保されていれば法定休日扱いできるのではないでしょうか?



> お世話になります。
>
> 厚労省が定める「改善基準告示」より、
> 有給休暇と休息期間の関係についてお尋ねします。
>
> 例えば・・・
>
> 月曜日・・・12:00~23:00
> 火曜日・・・有給休暇
> 水曜日・・・公休
> 木曜日・・・5:00~15:00
>
> このようなシフトがあった場合。
>
> 改善基準における休日要件は、
> 休日24時間+休息期間8時間=32時間以上となっていますが、
> 水曜日の公休を「法定休日」として扱うことは可能でしょうか?
> つまり、有給休暇を休息期間(24時間)として扱うことは可能か?
> と言う内容です。
>
> なお、変形労働時間など就業規則上の問題はクリアしていると仮定します。
>
> 何卒、よろしくお願いします。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇と休息期間の関係について

著者  労働新聞社 相談役 長谷川 さん (専門家) 2018年08月08日 14:31
なかなかの難問で、どんぴしゃりの解釈をみたことがありません。それはそうとして、私なりの感想を。

会社としては、法定休日を確保する形で、あらかじめ勤務割を決めているはずです。
ですから、ご質問の方が年休を取得する前は、会社として、「24時間+休息期間を確保できない日」は法定休日に該当しないというつもりで勤務割を作成していたはずです。つまり、それ以外に法定条件をクリアする形で(必要日数を確保できるように)、休日を設定していたことになります。
「その後、何らかの事情で他の休日が確保できなくなった」というケースが発生し、そのとき「たまたま、法定休日にするつもりのなかった日の直前に年休があったからラッキー。この日を法定休日として扱おう」というのは、従業員感情からいってどういうものかなと・・・。

どなたか詳しい方の解説を期待します。








> お世話になります。
>
> 厚労省が定める「改善基準告示」より、
> 有給休暇と休息期間の関係についてお尋ねします。
>
> 例えば・・・
>
> 月曜日・・・12:00~23:00
> 火曜日・・・有給休暇
> 水曜日・・・公休
> 木曜日・・・5:00~15:00
>
> このようなシフトがあった場合。
>
> 改善基準における休日要件は、
> 休日24時間+休息期間8時間=32時間以上となっていますが、
> 水曜日の公休を「法定休日」として扱うことは可能でしょうか?
> つまり、有給休暇を休息期間(24時間)として扱うことは可能か?
> と言う内容です。
>
> なお、変形労働時間など就業規則上の問題はクリアしていると仮定します。
>
> 何卒、よろしくお願いします。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇と休息期間の関係について

著者  クマタ さん 2018年08月09日 11:43
長谷川様、ご感想をありがとうございます。


> 会社としては、法定休日を確保する形で、あらかじめ勤務割を決めているはずです。
> 「その後、何らかの事情で他の休日が確保できなくなった」というケースが発生し、そのとき「たまたま、法定休日にするつもりのなかった日の直前に年休があったからラッキー。この日を法定休日として扱おう」というのは、従業員感情からいってどういうものかなと・・・。


確かにその通りだと思います。労働者保護の趣旨からも法定休日は特定しておくことが望ましいと思います。
ただ、繁忙期にいつ法定休日労働が発生するかわからない事業場では、「週に法定休日を超えて労働した日はその日を法定休日とする」という規定にして、割増賃金を支払うケースがあり、そのような事業場かなと思いました。たまたまラッキーの感はぬぐえませんね。
返信新規投稿する

回答ありがとうございます。

著者  KANIE さん 2018年08月15日 08:43
皆様、回答ありがとうございました。

確かに、会社としてはラッキー、
従業員としてはアンラッキー感がありますね。

個人的にも、労働者の立場から
他日で法定休日をあらかじめ確保するのが
望ましいのではないかと思います。
返信新規投稿する
1~6  (6件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク