スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 採用設計の作り方

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

採用設計の作り方

著者  アンママ さん 最終更新日:2018年08月08日 10:39
いつもお世話になっております。
労務ではなく採用についてなのですが、
採用設計を作成依頼されました。
一般的には企業でどういう風に作成しておりますでしょうか?
大企業ではなく中小企業向けです。
年間における採用計画というよりは、役割(職種)に対する適正(ペルソナ)的な設計なのですが、何か良いフォーマットや資料、やり方などありましたら、
ご教示くださいませ。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 採用設計の作り方

著者  安芸ノ国 さん 2018年08月08日 13:55
お疲れさんです
まずは、下記重点項目を把握しておくことが必要でしょう。
昨今 大企業 中小企業間でも採用計画案の作成には十分な時間を設けています。
経済環境ばかりでなく 現雇用状況など確認しなければなりません。
そのために 社会環境、経済環境 大学高校等の新卒者状況及び再雇用等に関することなどもまずは一番に注意しておくことがj必要です。
特に社内の年齢別雇用状況 部門別の雇用状況などもっ博することが求められています・

話すと長くなりますので、重点事項について書き加えておきますので、一度 商工会議所窓口、お近くの社労士の方などとの問診会なども開くことが必要と思います

採用計画にかかる重点事項

まずは現状認識すること 自社を取り巻く状況の整理から

国内景気について

採用競合・業種(業界)の採用動向の把握

自社が有する採用ブランド

競合他社の採用傾向

採用実績の整理

過去の採用スケジュールと実態を把握

採用時の体制・役割分担

要員計画の策定 >募集職種ごとの人物像をモデル化

自社の人員構成を確認

離職率の確認

マクロ的アプローチ

ミクロ的アプローチ

本当に必要な人員補充か見極める

計画算定時のポイント>
条件面が適正かどうか
正社員として採用する必要性

採用方針とアクションプランの策定
採用方針とアクションプランの策定
採用目標達成のためのアクションプランを策定するターゲット別の目標設定



返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク