スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 消費税の簡易課税について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

消費税の簡易課税について

著者  よしひと さん 最終更新日:2018年08月26日 22:45
少しわからないことがあり、質問させてもらいました。

いろいろな工場様と取り引きしているのですが、私は法人として現在、工場の天井あたりに設置されている搬送機器であるクレーンの点検・修理・載替・それに付随する電気工事をしております。

その簡易課税の区分について、クレーンは機械ですが建物に付随しているので、クレーン修理等は第3種でいいのか、建物の上部にあるといっても、機械装置であるので、機械修理として第5種になるのか、はっきりわかりませんでしたので、質問させて頂きました。

修理が第5種になるのでしたら、機械の入れ替えなどの据付工事や配線修理などの電気作業もやはり第5種になるものなのでしょうか。

お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 消費税の簡易課税について

著者  村の平民 さん 2018年08月27日 17:11
著者 よしひと さん最終更新日:2018年08月26日 22:45について私見を述べます。

① 質問はすべて事務処理上のことです。回答者の主義主張によって異なる回答を得られる性質のものではありません。
 税務署へ問い合わせることを強くお勧めします。

② 税務署に聞くのが嫌であれば、Webキーワードに「簡易課税制度の事業区分」と有力して下さい。
返信新規投稿する

Re: 消費税の簡易課税について

著者  ton さん 2018年08月28日 02:13
> 少しわからないことがあり、質問させてもらいました。
>
> いろいろな工場様と取り引きしているのですが、私は法人として現在、工場の天井あたりに設置されている搬送機器であるクレーンの点検・修理・載替・それに付随する電気工事をしております。
>
> その簡易課税の区分について、クレーンは機械ですが建物に付随しているので、クレーン修理等は第3種でいいのか、建物の上部にあるといっても、機械装置であるので、機械修理として第5種になるのか、はっきりわかりませんでしたので、質問させて頂きました。
>
> 修理が第5種になるのでしたら、機械の入れ替えなどの据付工事や配線修理などの電気作業もやはり第5種になるものなのでしょうか。
>
> お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。
>
>

こんばんは。私見ですが…
機械修理と認識されているのでしたら5種でしょう。
3種と認識される理由が不明ですが簡易課税判断の修理業と判断されれば5種です。

901  機械修理業(電気機械器具を除く)
9011  一般機械修理業(建設・鉱山機械を除く)
9012  建設・鉱山機械整備業

902  電気機械器具修理業
9021  電気機械器具修理業
9099  他に分類されない修理業

上記になるようでしたら5種です。

第三種事業(農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業等)
第五種事業(運輸通信業、金融・保険業、サービス業(飲食店業に該当する事業を除く)等)

個人的には修理、取付は5種と考えますが確実なのは税務署にご確認ください。
とりあえず。
返信新規投稿する

ありがとうございました。

著者  よしひと さん 2018年08月28日 07:09
ご回答ありがとうございました。
参考になりました。
やはり税務署に確認してみます。
ありがとうございました。
返信新規投稿する
1~4  (4件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク