スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 有給休暇5日取得について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

有給休暇5日取得について

著者  ドンペリニオン さん 最終更新日:2018年09月03日 10:11
2019年4月から年次有給休暇10日以上ある方は
5日以上取得しなければなりません。

毎年5日、時期を指定して有給休暇を与える必要があります。
と記載してあります

通院などで毎月1回休むような人は年間5日以上休んでいるので
対象外と思いますが、「時期を指定して」とは
有給休暇をほとんど取らないような方を言っているのでしょうか?

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  安芸ノ国 さん 2018年09月03日 12:49
お疲れさんです

有給休暇の取得 突如として休まざるを得ないときなどもありますが、サラリーマン ウーマンの方々も仕事の状況化などでなかなか取れることもできない場合があります。そこで、会社として業務の状況等で社員等への有給取得を義務として命じることも可能とした法令です

参考となるHpがありますので添付しておきます。
ご覧になればお分かりになると思います。

SR 人事メディア HP
TOP > 人事NEWS > HOTニュース > 結局「年次有給休暇取得義務化」って いつから? 施行日は【2019年4月1日】~労働
https://media.o-sr.co.jp/news/news-11653/
返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  村の平民 さん 2018年09月03日 13:28
著者 ドンペリニオン さん最終更新日:2018年09月03日 10:11について私見を述べます。

① 2019年4月から年次有給休暇(以下「年休」)10日以上ある方は5日以上取得しなければなりません。毎年5日、時期を指定して年休を与える必要があります。
 との規定は、まだ実施されていません。
 これは、年休消化率向上のための施策です。

② 本来年休の時期は労働者が自由に指定できるものです。通院に限りません。

③ 「時期を指定して」とは、年休をほとんど取らないような方で有ろうと無かろうと言っているのです。
 あくまでも年休取得を促進させるためのことです。
 労働者本人の年休時季指定権を剥奪するためと理解してはいけません。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  ぴぃちん さん 2018年09月03日 13:44
こんにちは。
有給休暇をきちっと取得している従業員においては、その義務化の例外になります。自分で取得する分と一斉付与分で、目標をクリアしている場合には、使用者はその義務から外れます。

逆に有給休暇をきちんと取得していない従業員の方においては、会社は5日は日を指定して取得させる必要があるということです。 取得させるために、日を指定して取得させる必要があるということと思います。

年次有給休暇の確実な取得についての改正案(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000176290.pdf



> 2019年4月から年次有給休暇10日以上ある方は
> 5日以上取得しなければなりません。
>
> 毎年5日、時期を指定して有給休暇を与える必要があります。
> と記載してあります
>
> 通院などで毎月1回休むような人は年間5日以上休んでいるので
> 対象外と思いますが、「時期を指定して」とは
> 有給休暇をほとんど取らないような方を言っているのでしょうか?
返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  いつかいり さん 2018年09月03日 21:30

> 2019年4月から年次有給休暇10日以上ある方は
> 5日以上取得しなければなりません。
> 毎年5日、時期を指定して有給休暇を与える必要があります。

言葉尻をとらえるようですが、

×> 10日以上ある方は
〇> 10日以上付与した方には

保持日数でなく、その年の付与日数です。これに関して注意点は

正社員なら勤続半年目から10日付与でいいのですが、比例付与のパートさんの、あわせて保持日数10日ではありませんので、まちがって時季指定義務を振りかざすことのないようにしないといけません。逆に勤続年数満たしてめでたく1回の付与10日に達すれば対象者ですので、これまた見落とさないようピックアップが必要です。

次に、付与日から起算して1年内ですが、1年が終わってから、あれ5日とってないぞ、というのがアウトです。ですので期中(年なかば)で消化日数をこまめにチェックする必要があります。1年が終わろうとしているときにあわてて泥縄にならないよう運用する体制を整えておかないと、それも1年のおわりが繁忙期に重なるならとてもじゃないですが対応しきれないでしょう。

最後に、一斉付与方式なら1年の途中経過の管理もまとめて面倒見れてたやすいですが、法定通りの入社日(半年後)基準付与ですと、各人ごとに追いかけていかないといけない手間があります。想像するだけで目がまわりそうですが。

今後、政令施行規則、つづけて通達解説パンフが出そろってくるでしょうから、目が離せません。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  ドンペリニオン さん 2018年09月04日 15:23
安芸ノ国 さん

大変参考になりました。
ありがとうございます。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  ドンペリニオン さん 2018年09月04日 15:25
村の平民さん、わかりやすい説明ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  ドンペリニオン さん 2018年09月04日 15:27
ぴぃちん さん

非常にわかりやすい説明ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 有給休暇5日取得について

著者  ドンペリニオン さん 2018年09月04日 15:31
いつかいりさん、ありがとうございます。
期末の繁忙期は要注意ですね。

返信新規投稿する
1~9  (9件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク