スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 「月間収入」の「月」は労働月か支給月かについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

「月間収入」の「月」は労働月か支給月かについて

著者  新太郎 さん 最終更新日:2018年10月06日 05:02
こんにちは、私は大学生です。
税金に関しても社会保険に関しても親の扶養に入っている身で、いわゆる「103万の壁」を超えない程度のアルバイト収入を得ています。

健康保険組合はどこでも「年間130万円以上の収入を得る(見込みのある)者は被扶養者の資格を失う」=「月間収入が108,334円を(恒常的に)超えた場合被扶養者の認定を取り消す」というルールを設けていると思います。
私の親が加入している所に関しても、具体的にどのような決まりになっているかはわかりませんがそのようなルールがあるでしょう。

私の場合、現在アルバイトを掛け持ちしている状態でして、その中には給与が「○日締め当月払い」の所もあれば「月末締め翌月払い」のところもあります。
そこでなのですが、組合の定めるところの「月間収入」というのは、「労働月」を指すのでしょうか、または「支給月」を指すのでしょうか?
「収入」というからには純粋に「その月に手元に入ってきたお金」指し、「支給月」として解釈するのが自然なのではと思いますが…。


例:『10月の収入』
①「労働月」を指す場合…A社で「10月に働き11月に払われた給与」(給与明細には「11月分給与」と記載されている)+B社で「10月に働き10月に払われた給与」
②「支給月」を指す場合…A社で「9月に働き10月に払われた給与」(給与明細には「10月分給与」と記載されている)+B社で「10月に働き10月に払われた給与」


上記をはっきりさせなければ今後のシフト調整ができない(これから繁忙期なので、「翌月払い」のアルバイト先の給与が極端に多くなってしまうおそれがあるのです)ため、非常に困っています。
どなたかご助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 「月間収入」の「月」は労働月か支給月かについて

著者  村の長老 さん 2018年10月06日 09:15
保険者によってどのような証明が必要か否かは異なると思いますが、協会ケンポでは最近このように扱う旨の連絡がありました。

年収要件も重要ですが、現在も必要なもう一つの重要な要件、扶養している実態がなければなりません。この証明のために、別居している場合は振込証明などを求めるようです。既に異動届においてはマイナンバー記載が必要ですが、同居についても、収入額だけでなく扶養事実の何らかの証明が今後増えるかもしれません。
返信新規投稿する

Re: 「月間収入」の「月」は労働月か支給月かについて

著者  ぴぃちん さん 2018年10月06日 10:12
おはようございます。

所属する健康保険組合によっても判断がかわることがあるので、健康保険組合に確認となるでしょう。
実際のところは、学生さんであれば、所得については問われることは少ないかと思いますが、マイナンバー制度により所得関連については、今後どのように管理されるのかはわかりません。 判断的には年収での判断になることが多いでしょうが、ある月に超過があれば以降も超過の可能性があると判断され扶養から外れる可能性はありえるかと考えます。
返信新規投稿する

Re: 「月間収入」の「月」は労働月か支給月かについて

著者  ton さん 2018年10月06日 10:36
> こんにちは、私は大学生です。
> 税金に関しても社会保険に関しても親の扶養に入っている身で、いわゆる「103万の壁」を超えない程度のアルバイト収入を得ています。
>
> 健康保険組合はどこでも「年間130万円以上の収入を得る(見込みのある)者は被扶養者の資格を失う」=「月間収入が108,334円を(恒常的に)超えた場合被扶養者の認定を取り消す」というルールを設けていると思います。
> 私の親が加入している所に関しても、具体的にどのような決まりになっているかはわかりませんがそのようなルールがあるでしょう。
>
> 私の場合、現在アルバイトを掛け持ちしている状態でして、その中には給与が「○日締め当月払い」の所もあれば「月末締め翌月払い」のところもあります。
> そこでなのですが、組合の定めるところの「月間収入」というのは、「労働月」を指すのでしょうか、または「支給月」を指すのでしょうか?
> 「収入」というからには純粋に「その月に手元に入ってきたお金」指し、「支給月」として解釈するのが自然なのではと思いますが…。
>
>
> 例:『10月の収入』
> ①「労働月」を指す場合…A社で「10月に働き11月に払われた給与」(給与明細には「11月分給与」と記載されている)+B社で「10月に働き10月に払われた給与」
> ②「支給月」を指す場合…A社で「9月に働き10月に払われた給与」(給与明細には「10月分給与」と記載されている)+B社で「10月に働き10月に払われた給与」
>
>
> 上記をはっきりさせなければ今後のシフト調整ができない(これから繁忙期なので、「翌月払い」のアルバイト先の給与が極端に多くなってしまうおそれがあるのです)ため、非常に困っています。
> どなたかご助言をいただけたらと思います。
> よろしくお願いいたします。
>


おはようございます。
一般的に130万、103万と言われているのはその月に受取った給料での判断です。
つまり②になります。
労働月ではなく収入月ですね。
末締め翌月払はよくあるパターンですがその事業所によっては翌月以降としている事業所もあります。
上記例ですと9月末〆11月支給です。
受取っていない収入で判断することは出来ませんので実収入がその月いくらになるのかで判断します。
また130万、103万は手取額ではありません。
一般的に言う税込み収入つまり総支給額です。
社会保険の判断は交通費も含みますので給与+交通費が108,000程度として判断することになります。
所得税のように課税・非課税はありません。
給与明細の総支給額から所得税控除の後が手取額となります。
所得税控除がなければ総支給額と手取が同額の事はよくありますが、そうなることもあるとして理解してください。
扶養判断については他の方の回答を参考にしてください。
以上御理解いただけますでしょうか。
とりあえず。
返信新規投稿する
1~4  (4件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク