スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 健保厚生加入条件について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

健保厚生加入条件について

著者  シンペイ さん 最終更新日:2018年11月08日 09:44
所定労働時間 8時間
週3日勤務
実質残業含め週31時間程度

上記の条件で現在健保厚生に加入しているのですが問題ないでしょうか。

30時間以上が原則だと思いますが、所定労働時間でみられるのか、実質の時間でみられるのか、 だと思うのですが。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 健保厚生加入条件について

著者  村の長老 さん 2018年11月08日 10:36
501人以上の会社であれば可能ですが、でなければ資格はないでしょう。原則として所定労働時間で判断します。
返信新規投稿する

Re: 健保厚生加入条件について

著者  シンペイ さん 2018年11月08日 16:44
かしこまりました
ありがとうございます



> 501人以上の会社であれば可能ですが、でなければ資格はないでしょう。原則として所定労働時間で判断します。
返信新規投稿する

Re: 健保厚生加入条件について

著者  中嶋社労士・FP事務所 さん (専門家) 2018年11月09日 08:57
> 所定労働時間 8時間
> 週3日勤務
> 実質残業含め週31時間程度
>
> 上記の条件で現在健保厚生に加入しているのですが問題ないでしょうか。
>
> 30時間以上が原則だと思いますが、所定労働時間でみられるのか、実質の時間でみられるのか、 だと思うのですが。

以下厳密には書きません。ざっくりした所で書かせて戴きます。
例えば、70才以上の方は基本厚年から外れるとか細かい例外は
きりがないので。

・確かに30時間以上がざっくり言えば原則です。
通常その事業所で働いているフルタイムの方が、
週40hが、所定労働時間だとその3/4の30h以上
ある方を対象が、元々の原則だからです。

・実質の労働時間ではなく、所定労働時間で見るのが
 他の方の解答にもある通り正しいです。
・ですが、
 1:20h/週 以上
 2:1年以上雇用が継続して見込まれるか続いている
 3:ここでの報酬=ざっくり言えば:基本給のみ(交通費残業代深夜手当等   は含まないで)88,000円/月以上
 4:学生でない
であれば被保険者でありえます。
 ご質問の件では被保険者のままでありえる可能性がありそうです。
又、常時労働時間が30h/週を超えていて常態化している場合
実際の労働時間を勘案して判断するという日本年金機構
Q&Aもございますので、
ご不明点がおありで正確に知りたいのであれば、
年金機構の窓口に問い合わせられるのが一番と考えます。
以上、宜しくお願い致します。


返信新規投稿する

Re: 健保厚生加入条件について

著者  シンペイ さん 2018年11月09日 10:49
ありがとうございました 参考になりました



> > 所定労働時間 8時間
> > 週3日勤務
> > 実質残業含め週31時間程度
> >
> > 上記の条件で現在健保厚生に加入しているのですが問題ないでしょうか。
> >
> > 30時間以上が原則だと思いますが、所定労働時間でみられるのか、実質の時間でみられるのか、 だと思うのですが。
>
> 以下厳密には書きません。ざっくりした所で書かせて戴きます。
> 例えば、70才以上の方は基本厚年から外れるとか細かい例外は
> きりがないので。
>
> ・確かに30時間以上がざっくり言えば原則です。
> 通常その事業所で働いているフルタイムの方が、
> 週40hが、所定労働時間だとその3/4の30h以上
> ある方を対象が、元々の原則だからです。
>
> ・実質の労働時間ではなく、所定労働時間で見るのが
>  他の方の解答にもある通り正しいです。
> ・ですが、
>  1:20h/週 以上
>  2:1年以上雇用が継続して見込まれるか続いている
>  3:ここでの報酬=ざっくり言えば:基本給のみ(交通費残業代深夜手当等   は含まないで)88,000円/月以上
>  4:学生でない
> であれば被保険者でありえます。
>  ご質問の件では被保険者のままでありえる可能性がありそうです。
> 又、常時労働時間が30h/週を超えていて常態化している場合
> 実際の労働時間を勘案して判断するという日本年金機構
> Q&Aもございますので、
> ご不明点がおありで正確に知りたいのであれば、
> 年金機構の窓口に問い合わせられるのが一番と考えます。
> 以上、宜しくお願い致します。
>
>
>
返信新規投稿する
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク