スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 休職から復職した場合の給与について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

休職から復職した場合の給与について

著者  ふーか さん 最終更新日:2018年11月27日 06:40
お世話になってます。
以前、うつ病となり3か月ほど休職し、復職しましたが、
再度今年の6月から約半年ほど休職し来月から復職する予定です。

復職後、給与が下がらないかと不安に感じています。
現在基本給47万、住居手当3万いただいています。
他の方の質問に対して回答があったのですが、いまいち理解できず、
最高でどのくらい下がるのか見当がつきません。
==========================================
その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない、としています。
http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-159773/
==========================================
基本給の10%を超える減給をしてはならないという意味でしょうか。
私の場合だと、4万7千円以上の減給をしてはいけない、という意味で合ってますか?

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 休職から復職した場合の給与について

著者  ふぁんた さん 2018年11月27日 09:08
あっていません

その回答の減給というのは、懲戒処分の減給についての記載です

あなたがおっしゃっている減給とは
降格により給与テーブルが変更、手当が変更になることによる報酬減ですよね?

御社の会社の賃金規定およびテーブルがどうなっているかわかりませんので
いくら給与が下がるかというお話はできません。

ただし同じ業務をしているのに、大幅に給与が下がったということがあれば
労基等に相談にいく、組合に相談するということはやってもいいかもしれませんがそれでなにかがかわるかはわかりません。


返信新規投稿する

Re: 休職から復職した場合の給与について

著者  ぴぃちん さん 2018年11月27日 09:43
おはようございます。

労働基準法第91条は、制裁懲罰に関しての減給処分に関する規定ですから、復職に関しての賃金に関する規定ではありませんので、あてはまりません。

御社の就業規則休職の規定において、復職後は従前の業務の復帰するものとして、復職後復帰して同様の業務に就くのであれば、賃金は下がることはないでしょう(休職期間中に全従業員を対象にした基本手当等が変更になっている場合等を除く)。

ただ、復職の際に、医師の診断書等による配置転換を必要とする場合等においては、配置転換先の賃金体系によって賃金が決まることはありますので、その場合には給与規定に従った転換先に応じた賃金になることになります。

また、復帰の際に慣らしとして、時短勤務等による場合には、労働時間が短くなっている分だけ賃金は少なくなるでしょう。

なので、いくら賃金が下がるのか、いくらの賃金になるのか、については、復職後が従前の職務に復帰するのであれば、変更はないになるでしょうが、復帰後が従前の配置・業務と異なる場合には、賃金体系に依る部分での変化はある得る、になります。



> お世話になってます。
> 以前、うつ病となり3か月ほど休職し、復職しましたが、
> 再度今年の6月から約半年ほど休職し来月から復職する予定です。
>
> 復職後、給与が下がらないかと不安に感じています。
> 現在基本給47万、住居手当3万いただいています。
> 他の方の質問に対して回答があったのですが、いまいち理解できず、
> 最高でどのくらい下がるのか見当がつきません。
> ==========================================
> その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない、としています。
> http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-159773/
> ==========================================
> 基本給の10%を超える減給をしてはならないという意味でしょうか。
> 私の場合だと、4万7千円以上の減給をしてはいけない、という意味で合ってますか?
>
返信新規投稿する

Re: 休職から復職した場合の給与について

著者  ふーか さん 2018年11月27日 14:56
そうなんですね。

>降格により給与テーブルが変更、手当が変更になることによる報酬減ですよね?
→いえ、降格はありません。
ただ、以前と同じ業務ではなくリハビリ出社という形で時短勤務になります。
今までが客先常駐という形で就労しプロジェクト参画していたのですが、しばらくは自社待機という形で簡単な業務になります。

> あっていません
>
> その回答の減給というのは、懲戒処分の減給についての記載です
>
> あなたがおっしゃっている減給とは
> 降格により給与テーブルが変更、手当が変更になることによる報酬減ですよね?
>
> 御社の会社の賃金規定およびテーブルがどうなっているかわかりませんので
> いくら給与が下がるかというお話はできません。
>
> ただし同じ業務をしているのに、大幅に給与が下がったということがあれば
> 労基等に相談にいく、組合に相談するということはやってもいいかもしれませんがそれでなにかがかわるかはわかりません。
>
>
>
返信新規投稿する

Re: 休職から復職した場合の給与について

著者  ふーか さん 2018年11月27日 15:04
詳しくありがとうございます。
医師からの診断書には時短勤務の指示があり、おそらく初めの1週間は3時間勤務、様子を見て5時間・・・7時間と徐々に以前と変わらない就労時間となります。
業務内容については、客先常駐でのプロジェクト参画から自社での勤務となります。
自社勤務といっても、簡単な業務で新人教育や簡単なドキュメント作成となります。

就労時間による減給はあり、配置転換はないので減給はなしと思います。
余計な心配がなくなりました、ありがとうございます。

> おはようございます。
>
> 労働基準法第91条は、制裁懲罰に関しての減給処分に関する規定ですから、復職に関しての賃金に関する規定ではありませんので、あてはまりません。
>
> 御社の就業規則休職の規定において、復職後は従前の業務の復帰するものとして、復職後復帰して同様の業務に就くのであれば、賃金は下がることはないでしょう(休職期間中に全従業員を対象にした基本手当等が変更になっている場合等を除く)。
>
> ただ、復職の際に、医師の診断書等による配置転換を必要とする場合等においては、配置転換先の賃金体系によって賃金が決まることはありますので、その場合には給与規定に従った転換先に応じた賃金になることになります。
>
> また、復帰の際に慣らしとして、時短勤務等による場合には、労働時間が短くなっている分だけ賃金は少なくなるでしょう。
>
> なので、いくら賃金が下がるのか、いくらの賃金になるのか、については、復職後が従前の職務に復帰するのであれば、変更はないになるでしょうが、復帰後が従前の配置・業務と異なる場合には、賃金体系に依る部分での変化はある得る、になります。
>
>
>
> > お世話になってます。
> > 以前、うつ病となり3か月ほど休職し、復職しましたが、
> > 再度今年の6月から約半年ほど休職し来月から復職する予定です。
> >
> > 復職後、給与が下がらないかと不安に感じています。
> > 現在基本給47万、住居手当3万いただいています。
> > 他の方の質問に対して回答があったのですが、いまいち理解できず、
> > 最高でどのくらい下がるのか見当がつきません。
> > ==========================================
> > その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない、としています。
> > http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-159773/
> > ==========================================
> > 基本給の10%を超える減給をしてはならないという意味でしょうか。
> > 私の場合だと、4万7千円以上の減給をしてはいけない、という意味で合ってますか?
> >
返信新規投稿する
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク