スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 育児休業中に第2子を死産した場合について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  玉響。 さん 最終更新日:2018年11月29日 13:22
いつも拝見し、勉強させていただいております。

弊社社員が、第一子(1歳3ヵ月)育児休業(6ヵ月延長)中に第二子が妊娠20週で死産となりました。
健康保険組合では、妊娠85日以降なので現在の育児休業の届出のまま出産一時金・出産給付金の手続きが可能とのことでしたが、
ハローワークに問合せたところ『現在の育児休業出産日で終了』といわれました。
第一子は保育園待機状態のため、翌4月までは復職できないため何とかできないかと考えております。
救済策は無いものなのでしょうか?

お知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  ぴぃちん さん 2018年11月29日 14:50
こんにちは。

部分的にしか自信がないので、再度ハローワークに確認してみてください。

第1子の育児休業は、残念ながら第2子のお子さんが死産になりますので第2子の産後休業(労働基準法第65条)により終了します。
但し、死産ですので、特別な事情として再取得できる可能性がありますので(すみません、ここが提示の条件での自信がありません)、産後休業後について再度ハローワークに確認されてはいかがでしょうか。



> いつも拝見し、勉強させていただいております。
>
> 弊社社員が、第一子(1歳3ヵ月)育児休業(6ヵ月延長)中に第二子が妊娠20週で死産となりました。
> 健康保険組合では、妊娠85日以降なので現在の育児休業の届出のまま出産一時金・出産給付金の手続きが可能とのことでしたが、
> ハローワークに問合せたところ『現在の育児休業出産日で終了』といわれました。
> 第一子は保育園待機状態のため、翌4月までは復職できないため何とかできないかと考えております。
> 救済策は無いものなのでしょうか?
>
> お知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。。
返信新規投稿する

Re: 育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  玉響。 さん 2018年11月29日 15:17
ぴぃちん さん

やはり終了になってしまうんですね
『特別な事象による再取得』について確認してみましたが、第一子が1歳未満であれば可能とのことで、当該案件については対象とならないようでした。

ご親切な回答いただきありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  労働新聞社 相談役 長谷川 さん (専門家) 2018年11月30日 09:02
これは法律のスキマみたいな問題ですね。

育児休業は、「新しい産前産後休業が始まった時点で終了する」(育介法9条2項3項)ので、雇用保険も基本的にそれに連動する形になります(雇保則101条の11)。
通常の育休は、一度中断しても「新しく生まれる子の死亡」の場合、もう一度、申出ができます(育介則5条1号)。
一方、1歳6カ月までの育休は、基本的に一定条件を満たす場合、「1歳到達日に申し出ることができる(1歳到達日の翌日を育児休業開始日とする)」(育介法5条3項)のですが、ハローワークでは、1歳3カ月の時点では申出ができないという解釈なのでしょうか。

そういわれると困ってしまいますが、ちょっと人情に反するような。
ハローワークだけでなく、労働局の雇用均等室の見解もお聞きしたらとも思います。私も、個人的に興味があります。他の詳しい方の情報提供も期待してます。

> いつも拝見し、勉強させていただいております。
>
> 弊社社員が、第一子(1歳3ヵ月)育児休業(6ヵ月延長)中に第二子が妊娠20週で死産となりました。
> 健康保険組合では、妊娠85日以降なので現在の育児休業の届出のまま出産一時金・出産給付金の手続きが可能とのことでしたが、
> ハローワークに問合せたところ『現在の育児休業出産日で終了』といわれました。
> 第一子は保育園待機状態のため、翌4月までは復職できないため何とかできないかと考えております。
> 救済策は無いものなのでしょうか?
>
> お知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。。
返信新規投稿する

Re: 育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  玉響。 さん 2018年11月30日 10:45
長谷川 様

『法律のスキマ』まさにその心境です
ハローワークでは「第一子が1歳になっている場合再取得できない」との見解のようでした。
お勧めのとおり「労働局の雇用均等室」に問合せてみようと思います
お恥ずかしいですが「労働局の雇用均等室」の名称も存じませんでした

親切なご回答ありがとうございます

**********
> これは法律のスキマみたいな問題ですね。
>
> 育児休業は、「新しい産前産後休業が始まった時点で終了する」(育介法9条2項3項)ので、雇用保険も基本的にそれに連動する形になります(雇保則101条の11)。
> 通常の育休は、一度中断しても「新しく生まれる子の死亡」の場合、もう一度、申出ができます(育介則5条1号)。
> 一方、1歳6カ月までの育休は、基本的に一定条件を満たす場合、「1歳到達日に申し出ることができる(1歳到達日の翌日を育児休業開始日とする)」(育介法5条3項)のですが、ハローワークでは、1歳3カ月の時点では申出ができないという解釈なのでしょうか。
>
> そういわれると困ってしまいますが、ちょっと人情に反するような。
> ハローワークだけでなく、労働局の雇用均等室の見解もお聞きしたらとも思います。私も、個人的に興味があります。他の詳しい方の情報提供も期待してます。
>
> > いつも拝見し、勉強させていただいております。
> >
> > 弊社社員が、第一子(1歳3ヵ月)育児休業(6ヵ月延長)中に第二子が妊娠20週で死産となりました。
> > 健康保険組合では、妊娠85日以降なので現在の育児休業の届出のまま出産一時金・出産給付金の手続きが可能とのことでしたが、
> > ハローワークに問合せたところ『現在の育児休業出産日で終了』といわれました。
> > 第一子は保育園待機状態のため、翌4月までは復職できないため何とかできないかと考えております。
> > 救済策は無いものなのでしょうか?
> >
> > お知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。。
返信新規投稿する

Re: 育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  プロを目指す卵 さん 2018年12月01日 00:09
ご存知かと思いますが、育児休業は一人の子について原則1回限りです。従って、終了してしまった子については、再度育児休業することはできません。ただし、子の1歳までの育児休業については、例外として再度の育児休業を認めています。(育介法5条2項、育介則5条1号)
しかしながら、再度の育児休業を例外として認めているのは、1歳までの育児休業に限ります。1歳から1歳6か月までの育児休業及び1歳6か月から2歳までに育児休業については、再度の育児休業を認めていません(再度できると判断できる条文が無い)。(育介法5条3項及び4項)

ご質問の終了した育児休業は、1歳から1歳6か月までの期間について取得した育児休業ですから、育介法5条2項の1歳までの再取得対象になりうる育児休業には該当しないということになります。

ハローワークが窓口の育児休業給付金は、育介法の育児休業に限り支給することを原則としているようですから(雇用保険による独自の判断基準を知りません。)、育介法が再度の育児休業を認めないとしている以上、給付金は支給されないことになります。会社として、独自に育児休業の再取得を認めるのは自由ですが、給付金が支給されない点についてどう考えるかが、一つのポイントとなるでしょう。
また、年金と健保の保険料免除についても、会社独自の育児休業を認める旨を規定に記載していないと認められない可能性が大です。

労働局の雇用均等室の正式名称は、雇用環境・均等室(北海道、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7局は、雇用環境・均等部)です。
相談体制は東京局が最も整っていると思いますので、「東京労働局雇用環境・均等部指導課」、電話03-3512-1611がよろしいでしょう。



> 長谷川 様
>
> 『法律のスキマ』まさにその心境です
> ハローワークでは「第一子が1歳になっている場合再取得できない」との見解のようでした。
> お勧めのとおり「労働局の雇用均等室」に問合せてみようと思います
> お恥ずかしいですが「労働局の雇用均等室」の名称も存じませんでした
>
> 親切なご回答ありがとうございます
>
> **********
> > これは法律のスキマみたいな問題ですね。
> >
> > 育児休業は、「新しい産前産後休業が始まった時点で終了する」(育介法9条2項3項)ので、雇用保険も基本的にそれに連動する形になります(雇保則101条の11)。
> > 通常の育休は、一度中断しても「新しく生まれる子の死亡」の場合、もう一度、申出ができます(育介則5条1号)。
> > 一方、1歳6カ月までの育休は、基本的に一定条件を満たす場合、「1歳到達日に申し出ることができる(1歳到達日の翌日を育児休業開始日とする)」(育介法5条3項)のですが、ハローワークでは、1歳3カ月の時点では申出ができないという解釈なのでしょうか。
> >
> > そういわれると困ってしまいますが、ちょっと人情に反するような。
> > ハローワークだけでなく、労働局の雇用均等室の見解もお聞きしたらとも思います。私も、個人的に興味があります。他の詳しい方の情報提供も期待してます。
> >
> > > いつも拝見し、勉強させていただいております。
> > >
> > > 弊社社員が、第一子(1歳3ヵ月)育児休業(6ヵ月延長)中に第二子が妊娠20週で死産となりました。
> > > 健康保険組合では、妊娠85日以降なので現在の育児休業の届出のまま出産一時金・出産給付金の手続きが可能とのことでしたが、
> > > ハローワークに問合せたところ『現在の育児休業出産日で終了』といわれました。
> > > 第一子は保育園待機状態のため、翌4月までは復職できないため何とかできないかと考えております。
> > > 救済策は無いものなのでしょうか?
> > >
> > > お知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。。
返信新規投稿する

Re: 育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  労働新聞社 相談役 長谷川 さん (専門家) 2018年12月01日 08:12
プロを目指す卵さま

詳しいご解説・情報提供ありがとうございます。
この1歳6カ月まで(および2歳まで)の規定はホントに不思議ですよね。

感想を2つ。
まず、今回のケースについて。
普通は、新しい子供について育児休業が始まるので救済不要ですが、死産のときは問題が発生します。
この方は1歳到達時点では適法に延長する権利を得ていたのに、それが失われてしまうというのがどうも(本来なら2歳まで利用できたはずなのに)。
それから一般論として。
1歳直前に配偶者の転勤等が決まれば延長可能。
しかし、1歳をちょっとすぎたところで転勤が決まり、育児ができなくなればダメというのも、なんだか・・・ねえ

まあ、ハローワーク育児休業を受け付ける会社としては、1歳(1歳6カ月)で確定した方が分かりやすいのは確かですが。





> ご存知かと思いますが、育児休業は一人の子について原則1回限りです。従って、終了してしまった子については、再度育児休業することはできません。ただし、子の1歳までの育児休業については、例外として再度の育児休業を認めています。(育介法5条2項、育介則5条1号)
> しかしながら、再度の育児休業を例外として認めているのは、1歳までの育児休業に限ります。1歳から1歳6か月までの育児休業及び1歳6か月から2歳までに育児休業については、再度の育児休業を認めていません(再度できると判断できる条文が無い)。(育介法5条3項及び4項)
>
> ご質問の終了した育児休業は、1歳から1歳6か月までの期間について取得した育児休業ですから、育介法5条2項の1歳までの再取得対象になりうる育児休業には該当しないということになります。
>
> ハローワークが窓口の育児休業給付金は、育介法の育児休業に限り支給することを原則としているようですから(雇用保険による独自の判断基準を知りません。)、育介法が再度の育児休業を認めないとしている以上、給付金は支給されないことになります。会社として、独自に育児休業の再取得を認めるのは自由ですが、給付金が支給されない点についてどう考えるかが、一つのポイントとなるでしょう。
> また、年金と健保の保険料免除についても、会社独自の育児休業を認める旨を規定に記載していないと認められない可能性が大です。
>
> 労働局の雇用均等室の正式名称は、雇用環境・均等室(北海道、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7局は、雇用環境・均等部)です。
> 相談体制は東京局が最も整っていると思いますので、「東京労働局雇用環境・均等部指導課」、電話03-3512-1611がよろしいでしょう。
>
>
>
> > 長谷川 様
> >
> > 『法律のスキマ』まさにその心境です
> > ハローワークでは「第一子が1歳になっている場合再取得できない」との見解のようでした。
> > お勧めのとおり「労働局の雇用均等室」に問合せてみようと思います
> > お恥ずかしいですが「労働局の雇用均等室」の名称も存じませんでした
> >
> > 親切なご回答ありがとうございます
> >
> > **********
> > > これは法律のスキマみたいな問題ですね。
> > >
> > > 育児休業は、「新しい産前産後休業が始まった時点で終了する」(育介法9条2項3項)ので、雇用保険も基本的にそれに連動する形になります(雇保則101条の11)。
> > > 通常の育休は、一度中断しても「新しく生まれる子の死亡」の場合、もう一度、申出ができます(育介則5条1号)。
> > > 一方、1歳6カ月までの育休は、基本的に一定条件を満たす場合、「1歳到達日に申し出ることができる(1歳到達日の翌日を育児休業開始日とする)」(育介法5条3項)のですが、ハローワークでは、1歳3カ月の時点では申出ができないという解釈なのでしょうか。
> > >
> > > そういわれると困ってしまいますが、ちょっと人情に反するような。
> > > ハローワークだけでなく、労働局の雇用均等室の見解もお聞きしたらとも思います。私も、個人的に興味があります。他の詳しい方の情報提供も期待してます。
> > >
> > > > いつも拝見し、勉強させていただいております。
> > > >
> > > > 弊社社員が、第一子(1歳3ヵ月)育児休業(6ヵ月延長)中に第二子が妊娠20週で死産となりました。
> > > > 健康保険組合では、妊娠85日以降なので現在の育児休業の届出のまま出産一時金・出産給付金の手続きが可能とのことでしたが、
> > > > ハローワークに問合せたところ『現在の育児休業出産日で終了』といわれました。
> > > > 第一子は保育園待機状態のため、翌4月までは復職できないため何とかできないかと考えております。
> > > > 救済策は無いものなのでしょうか?
> > > >
> > > > お知恵をお貸しください。宜しくお願いいたします。。
返信新規投稿する

Re: 育児休業中に第2子を死産した場合について

著者  玉響。 さん 2018年12月03日 13:52
プロを目指す卵 様

詳しい解説いただき有難うございます
法的に無理だという現実は十分理解いたしました
ご丁寧な回答をありがとうございました


> ご存知かと思いますが、育児休業は一人の子について原則1回限りです。従って、終了してしまった子については、再度育児休業することはできません。ただし、子の1歳までの育児休業については、例外として再度の育児休業を認めています。(育介法5条2項、育介則5条1号)
> しかしながら、再度の育児休業を例外として認めているのは、1歳までの育児休業に限ります。1歳から1歳6か月までの育児休業及び1歳6か月から2歳までに育児休業については、再度の育児休業を認めていません(再度できると判断できる条文が無い)。(育介法5条3項及び4項)
>
> ご質問の終了した育児休業は、1歳から1歳6か月までの期間について取得した育児休業ですから、育介法5条2項の1歳までの再取得対象になりうる育児休業には該当しないということになります。
>
> ハローワークが窓口の育児休業給付金は、育介法の育児休業に限り支給することを原則としているようですから(雇用保険による独自の判断基準を知りません。)、育介法が再度の育児休業を認めないとしている以上、給付金は支給されないことになります。会社として、独自に育児休業の再取得を認めるのは自由ですが、給付金が支給されない点についてどう考えるかが、一つのポイントとなるでしょう。
> また、年金と健保の保険料免除についても、会社独自の育児休業を認める旨を規定に記載していないと認められない可能性が大です。
>
> 労働局の雇用均等室の正式名称は、雇用環境・均等室(北海道、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7局は、雇用環境・均等部)です。
> 相談体制は東京局が最も整っていると思いますので、「東京労働局雇用環境・均等部指導課」、電話03-3512-1611がよろしいでしょう。
>
>
返信新規投稿する
1~8  (8件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク