スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > ストレスチェック高ストレス者の割合について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

ストレスチェック高ストレス者の割合について

著者  cmt50 さん 最終更新日:2018年12月03日 16:42
いつもご参考にさせて頂いています。
標題の件にて、弊社の今年度分のストレスチェックも終わり、
組織分析などを行っていますが、集計について皆様はどうされているか
ご意見を拝見させて頂けないでしょうか。
(初年度こそ注視されましたが、2年目や今年は1人で淡々と準備して先日ようやく終わり、これから医師面接の段取りをやるところです。)

高ストレス者の割合に関してですが、
ストレスチェックの対象者を100人として、実施者を80人とします。
結果高ストレス者が20人いた場合ですが、
対象者全員中の割合だと20%、実施者中の割合だと25%となります。

対象者全員とすべきか実施者とすべきか
別に両方表示しておけばいいことですが、、、
私個人的には実施者にしておいた方が、会社に危機感を煽る意味で
実施者中がいいかなと思っています。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: ストレスチェック高ストレス者の割合について

著者  いつかいり さん 2018年12月03日 19:59
対象労働者100人いて、受検者が80人、高ストレスと目されたのが、20人なら、分母は受験者80人で計算でしょう。

ストレスチェックで実施者という場合、高ストレス者を選別する医師、保健師ほか有資格者のことをいいますので、使い分けなさってください。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク