スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 育児短時間勤務について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

育児短時間勤務について

著者  イチスケ さん 最終更新日:2018年12月04日 20:30
人事1年目の者です。
育児短時間勤務は「原則6時間」とありますが
個人の状況に応じて5時間や4時間でも問題ないのでしょうか?
障がい児を育てる社員がおり、預けられる保育園が遠く、引取り時間も早い為
就業に苦労しています。

例えば、5時間とした場合、企業・社員の立場で何か弊害はあるのでしょうか?
皆さんにとっては愚問かもしれません。教えてください。


スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  ぴぃちん さん 2018年12月05日 08:08
おはようございます。

原則となる6時間の他に、加えて5時間とか4時間とかを設定して、労働者が自由に選択することもできるのであれば、5時間とか4時間とかの選択肢を設けることはできます。
制度の選択肢として規定・導入されてください。

短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について(厚生労働省ホームページ)
https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/navi/manual/doc/attention.pdf



> 人事1年目の者です。
> 育児短時間勤務は「原則6時間」とありますが
> 個人の状況に応じて5時間や4時間でも問題ないのでしょうか?
> 障がい児を育てる社員がおり、預けられる保育園が遠く、引取り時間も早い為
> 就業に苦労しています。
>
> 例えば、5時間とした場合、企業・社員の立場で何か弊害はあるのでしょうか?
> 皆さんにとっては愚問かもしれません。教えてください。
>
>
>
返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  村の平民 さん 2018年12月05日 13:19
著者 イチスケ さん最終更新日:2018年12月04日 20:30について私見を述べます。

① 労働時間が短いことが自社にとってどのような影響があるかは、各企業ごとに異なるので、本欄で評価すべき事とは思えません。

② 質問者は人事1年目とのことなので、人事担当者としての立場だけで考えてはいけないと思います。
 労働は人事担当者のためでなく、人事部門を含めた企業全体のためにあると思うべきでしょう。

③ 従って、本欄で相談するよりも前に、人事部門以外、特に該当する育児短時間勤務者の所属する部門の意見を最大限尊重すべきだと思います。

④ 人事担当部門は、その上で法律と他部門との調整をして、今後の方針を立てるべきだと思います。
 その際に部門間に意見の対立があって困るのであれば、本欄で他社の担当者の意見を参考にされたら良いと思います。
返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  -くろ- さん 2018年12月05日 15:59
こんにちは。
6時間未満でも可能ですが、注意が必要です。

6時間未満であれば、社会保険の加入基準の3/4要件を満たさない。
4時間未満であれば、雇用保険の加入要件の週20時間を満たさない。
として適用から外れる場合があります。

例えば、就業規則に育児短時間の期間を小学校就業前までとした場合、兄弟がいれば10年以上、週20時間に満たなくても社会保険雇用保険に加入することが可能になってしまいます。もし、期間を小児(15歳未満)とした場合はさらに長くなります。

よって、6時間未満で運用される場合は、各役所にご確認ください。

ちなみに、以前私が確認した当時は、法で定められているもの(育児時間(30分×2回))との併用は可。短縮部分が有給(年休と同等の扱いで就業規則に記載)であれば可。それ以外の場合は、加入時間が短いと判断して適用から外れると言われました。
返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  イチスケ さん 2018年12月06日 11:46
> おはようございます。
>
> 原則となる6時間の他に、加えて5時間とか4時間とかを設定して、労働者が自由に選択することもできるのであれば、5時間とか4時間とかの選択肢を設けることはできます。
> 制度の選択肢として規定・導入されてください。
>
> 短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について(厚生労働省ホームページ)
> https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/navi/manual/doc/attention.pdf
>
>
>
> > 人事1年目の者です。
> > 育児短時間勤務は「原則6時間」とありますが
> > 個人の状況に応じて5時間や4時間でも問題ないのでしょうか?
> > 障がい児を育てる社員がおり、預けられる保育園が遠く、引取り時間も早い為
> > 就業に苦労しています。
> >
> > 例えば、5時間とした場合、企業・社員の立場で何か弊害はあるのでしょうか?
> > 皆さんにとっては愚問かもしれません。教えてください。
> >
> >
> >

ぴぃちんさん

返信ありがとうございます。
「原則」という言葉がひっかかっておりました。
厚労省のホームページを参考にさせていただきます。
解釈は色々できる反面、企業で柔軟に検討する必要があるのですね。
返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  イチスケ さん 2018年12月06日 11:54
> 著者 イチスケ さん最終更新日:2018年12月04日 20:30について私見を述べます。
>
> ① 労働時間が短いことが自社にとってどのような影響があるかは、各企業ごとに異なるので、本欄で評価すべき事とは思えません。
>
> ② 質問者は人事1年目とのことなので、人事担当者としての立場だけで考えてはいけないと思います。
>  労働は人事担当者のためでなく、人事部門を含めた企業全体のためにあると思うべきでしょう。
>
> ③ 従って、本欄で相談するよりも前に、人事部門以外、特に該当する育児短時間勤務者の所属する部門の意見を最大限尊重すべきだと思います。
>
> ④ 人事担当部門は、その上で法律と他部門との調整をして、今後の方針を立てるべきだと思います。
>  その際に部門間に意見の対立があって困るのであれば、本欄で他社の担当者の意見を参考にされたら良いと思います。


村の平民さん 

①~④まで仰るとおりです。

育児による時短勤務者で「6時間」という社内規定で困っている者がおり
何かできないかと考え、投稿してみた次第です。
私からの考えもなく、唐突な質問をしてしまい申し訳ありませんでした。

勤務時間では「社会保険」が関係すると思ったのですが・・・

ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  イチスケ さん 2018年12月06日 11:59
> こんにちは。
> 6時間未満でも可能ですが、注意が必要です。
>
> 6時間未満であれば、社会保険の加入基準の3/4要件を満たさない。
> 4時間未満であれば、雇用保険の加入要件の週20時間を満たさない。
> として適用から外れる場合があります。
>
> 例えば、就業規則に育児短時間の期間を小学校就業前までとした場合、兄弟がいれば10年以上、週20時間に満たなくても社会保険雇用保険に加入することが可能になってしまいます。もし、期間を小児(15歳未満)とした場合はさらに長くなります。
>
> よって、6時間未満で運用される場合は、各役所にご確認ください。
>
> ちなみに、以前私が確認した当時は、法で定められているもの(育児時間(30分×2回))との併用は可。短縮部分が有給(年休と同等の扱いで就業規則に記載)であれば可。それ以外の場合は、加入時間が短いと判断して適用から外れると言われました。


―くろ―さん


返信ありがとうございます。
やはり保険関係ですよね。
返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  プロを目指す卵 さん 2018年12月08日 00:50
> ・・・短縮部分が有給(年休と同等の扱いで就業規則に記載)であれば可。・・・


所定労働時間が2時間短縮されて6時間になったのに、8時間分の賃金を支給する制度と理解できるのですが。

まさかこんなことを実施するお目出度い会社は無いでしょう。
返信新規投稿する

Re: 育児短時間勤務について

著者  -くろ- さん 2018年12月10日 09:38
> > ・・・短縮部分が有給(年休と同等の扱いで就業規則に記載)であれば可。・・・
>
>
> 所定労働時間が2時間短縮されて6時間になったのに、8時間分の賃金を支給する制度と理解できるのですが。
>
> まさかこんなことを実施するお目出度い会社は無いでしょう。


こんにちは。

事務にとって、狭い見識や勝手に作り上げた常識で判断することは避けた方が良いと思います。また、自分の意見を心に思うことは自由ですが、根拠なく他人の言動を否定することは残念な行為になると考えます。

私も、そういったケースは形だけと思い、労基署の人に確認したところ、その人が知っているだけでも数件あるとのことでした。大体が、期限を定めてあり、対象者がほとんどおらず、女性は低賃金で、給与計算がめんどくさいという理由からの様です。
女性だけの職場というケースもあるようですが、そちらの方はかなり珍しいようなことを言っていました。

日本の中小企業だけで約380万社もあり、それぞれの会社に様々な形態や事情があるので、思い込みや先入観は持たないほうが良いかと思います。そういった事を考えると、法律は本当によくできていて便利なものだと思います。

返信新規投稿する
1~9  (9件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク