スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 2人目の育児休業給付金について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

2人目の育児休業給付金について

著者  マルタ2018 さん 最終更新日:2018年12月08日 09:48
削除されました

スポンサーリンク

Re: 2人目の育児休業給付金について

著者  プロを目指す卵 さん 2018年12月08日 00:38
> 2人目は育児休業給付金の対象になるか教えていただけないでしょうか。
>
> 2013/07 入社
> 2015/08 1人目妊娠→悪阻と切迫の為、産前休暇まで傷病休暇
> 2016/02 産前休暇
> 2016/04 1人目出産
> 2016/06ー2018/04 育児休暇(1年10ヶ月)
> 2018/04 復職
> 2018/11ー2018/12 2人目悪阻の為、つわり休暇+有給+欠勤
> 2019/01 復職予定
> 2019/04末 産前休暇予定
> 2019/06 2人目出産予定
>
> 対象となる条件としては、育休前の2年間で1ヶ月に11日以上働いた月が12カ月以上あることですが、私の場合復職してから産前休暇まで働いたとしても10ヶ月あるかないかになります。
> ただ、その2年間に育児休業期間を含む分だけ遡ることができるようですが‥この辺りがよく分からず計算できません。
>
> どなたかご教示いただけないでしょうか。
> どうぞよろしくお願いいたします。


概略的な回答になります。

2019/6に第2子出産予定であれば、第2子の育休は2019/8からと思われます。そうなると、育休前2年間は、2017/8~2019/7ということになり、その2年間に賃金の支払いがある月は、2018/4~2018/10の7か月と、2019/1~2019/3の3か月の合計10か月ということになるかと思います。

10か月では受給要件を充たしませんから、その2年間に賃金が支給されない期間14か月間分、その2年間の更に前へ遡りますと、2016/6まで戻ります。

ところが、更に戻った2016/6から2017/7までの14か月間は全て第1子の育休中で、賃金は支給されていないでしょうから、賃金が支払われた月は1月も増えず、相変わらず10か月のままです。

以上からすると、第2子の育児休業給付金は受給できないとなる公算が大です。

なお、最終的には、ハローワークで確認して下さい。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク