スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 台風により通勤変更した場合の差額通勤費

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

台風により通勤変更した場合の差額通勤費

著者 オー人事! さん最終更新日:2007年09月10日 15:47
いつも参考にさせていただいております。

先週の台風9号の影響で、交通機関にも大幅な遅れ・運休などが相次ぎました。
車通勤している社員で、
「帰宅時に使用している鉄道(在来線)が台風の影響で運休だった為、
新幹線(1駅分のみ利用)で帰宅したので、新幹線代を会社で支払ってもらえるか?」
と言う問合せがありました。

調べてみると、会社最寄の駅は運休区間でしたが、新幹線に乗った駅から、
自宅最寄の駅までは、乗り継ぎは必要ですが運行開始となっており、
帰る事が出来たようなのです。
また、マイカー通勤をしている者も倒木などでかなりの回り道をして出社して
いますが、もちろんその分のガソリン代が支払われるわけではありません。

以上のことから、人事担当としては「支払わなくても良い」と考えているのですが、
払わないといけないものでしょうか?

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 台風により通勤変更した場合の差額通勤費

著者 外資社員 さん2007年09月10日 16:38
会社としての考え方次第なのでは?
また、妥当な範囲の追加料金だっただかで
判断と思います。

私の会社では、安全に配慮して帰宅すべしと通達しました。
 安全確保の為の費用は会社負担という方針で、
迂回経路の費用も払いましたし、帰宅困難な人には
早めにホテルの予約をするように通達しました。
 ホテルに宿泊した人間はおりませんでしたが、
予約実施をしないで、高いホテルになった場合には
差額は払わないつもりでした。

こうした臨時費用は申告主義になりますので、
総務通達を出して期間内の申請は処理し、
期間後の請求については受け付けないという考えです。
 そうした意味では、当社の場合には
遠回りのガソリン代も、安全確保の上必要だったと
申告されれば払うべきだと思っています。
(実際は車通勤を認めていないので、一律適用との意味
 での説明です)

台風の危険度は、事業所により異なりますので、
そうした危険もなく、会社としての通達が無いならば
支払わないという選択もあるのだと思います。

以上 ご参考まで

Re: 台風により通勤変更した場合の差額通勤費

著者 久保FP事務所 さん2007年09月10日 17:05
> いつも参考にさせていただいております。
>
> 先週の台風9号の影響で、交通機関にも大幅な遅れ・運休などが相次ぎました。
> 電車通勤している社員で、
> 「帰宅時に使用している鉄道(在来線)が台風の影響で運休だった為、
> 新幹線(1駅分のみ利用)で帰宅したので、新幹線代を会社で支払ってもらえるか?」
> と言う問合せがありました。
>
> 調べてみると、会社最寄の駅は運休区間でしたが、新幹線に乗った駅から、
> 自宅最寄の駅までは、乗り継ぎは必要ですが運行開始となっており、
> 帰る事が出来たようなのです。
> また、マイカー通勤をしている者も倒木などでかなりの回り道をして出社して
> いますが、もちろんその分のガソリン代が支払われるわけではありません。
>
> 以上のことから、人事担当としては「支払わなくても良い」と考えているのですが、
> 払わないといけないものでしょうか?
>
> 宜しくお願い致します。

==================

 内部監査業務担当より進言させていただきます。
企業における、災害時の社員の安全管理に関する方針を設定することが必要と考えます。
 原則論ですが、自然災害発生が予想される場合、社員の安全確認を早期に求める姿勢を執る事が必要と考えます。
 
 前職、リース業界での社員への安全対策として、自然災害発生が予想される場合は、開閉時間については安全管理責任者(人事部長又は総務部長)によりその旨を発令することとしております。
予想当日の契約については、契約者への緊急連絡を取らせていただき、契約の解除又は延期を要請させていただきました。
社員、アルバイトに対しては、人事部長命による公共交通機関に確認を取らせ、交通停止時間の確認と早期退職、出社延滞命令を取らせております。
交通機関不可能の場合は、当日のみ宿泊を了承すこととしております。
翌日の出社時間については、交通機関の安全確認後の出社指示を出しております。
退社時、出社時の主交通機関の利用不能により、他交通機関を利用した場合はその差額の支給を命じております。(タクシー利用可領収書入手)
但し、お聞きの場合ですが、乗車料金のみ適応とし他費用(特急料金、指定料金)は個人負担としております。交通手段がとれない場合は、特別休暇(1~2日)を可能としております。
当該、事例については社内規則の設定を図ることが必要と考えます。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク