スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 利益相反取引の取締役会での承認

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

利益相反取引の取締役会での承認

著者 KK23 さん最終更新日:2008年08月09日 23:36
100%子会社との間の取引は、実質的には利益相反関係にないとして、取締役会での利益相反の承認は不要との認識です。

この認識で正しいでしょうか?
正しいのならその会社法上の根拠条文はどれでしょうか?

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 利益相反取引の取締役会での承認

著者 akijin さん2008年08月11日 09:05
> 100%子会社との間の取引は、実質的には利益相反関係にないとして、取締役会での利益相反の承認は不要との認識です。
>
> この認識で正しいでしょうか?
> 正しいのならその会社法上の根拠条文はどれでしょうか?
>
> 宜しくお願い致します。

#######################

<100パーセント子会社との利益相反取引>についてのご質問、ベストアンサーがあります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210812027

Re: 利益相反取引の取締役会での承認

著者 トラきち さん2008年08月11日 15:09
KK23さん、こんにちは。

 100%子会社との間の取引については、実質的に利益相反取引にあたらない。というのは、昭和61年に出された日本公認会計士協会の「取締役利益相反取引の解釈基準」のなかで記載されており、これは会社法下でも考え方は異ならないとされています。

 会社法上の根拠としては第424条の規定「役員株式会社に対する損害賠償責任は、総株主の同意がなければ免除することができない」にあると思われます。上記を言い換えれば、「総株主の同意があれば免除できる」ということですので、唯一の株主である親会社との取引は取締役会の承認が不要であるということでしょう。

 以下のサイトに利益相反取引に関する解説記事が掲載されていますので、ご参照ください。
 http://www.smbc-consulting.co.jp/upload/netpress_2913_.pdf

Re: 利益相反取引の取締役会での承認

著者 KK23 さん2008年08月12日 00:56
トラきち様

大変参考になりました。
ありがとうございます。

Re: 利益相反取引の取締役会での承認

著者 ぽっぽ290 さん2008年08月12日 09:22
> 100%子会社との間の取引は、実質的には利益相反関係にないとして、取締役会での利益相反の承認は不要との認識です。
>
> この認識で正しいでしょうか?
> 正しいのならその会社法上の根拠条文はどれでしょうか?
>
> 宜しくお願い致します。


当社でも100%子会社の外部借入に対して当社が保証を行う際、専門家を交え利益相反性について検討しました。

1、A社の取締役がB社の代表取締役である場合で、B社の債務をA社が保証する場合は、間接取引としてA社の取締役会の承認が必要(判例)
2、100パーセント親子会社間においては、利害が共通しており、利益相反の問題は生じないといわれる。(通説)
3、100パーセント親子会社間の取引について、親会社については親会社株主の利益を考えると、利益相反の問題が全く生じないのかは疑問がある。
4、抽象的に見て会社に損害が生じ得ない取引は、取締役会の承認は不要と解されている。(学説・判例)
5、公正・合理的で会社を何ら害さない取引であっても、公正・合理性には幅があるので、取締役会の承認を要するべきと解する見解が多い。

以上を勘案して、子会社に対する債務保証については、親会社の取締役会承認事項とし、親会社の取締役が当該子会社の代取を兼任していることから、当人を特別利害関係人として扱うこととしました。

ご参考まで。
1~5  (5件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク