スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  まゆり さん 最終更新日:2009年06月18日 15:22
いつもお世話になっています。
関係機関に質問したのですが、双方言うことが異なり、どちらが正しいのかわからなくなってしまったので、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

私の勤め先には、後期高齢者医療保険制度に移行した65歳以上の障害者の方が1名、75歳以上の方が1名いらっしゃいます。
障害者の方は、
健康保険制度=後期医療保険制度
厚生年金保険制度=勤め先で加入
ということで、算定基礎届に載っているのですが、75歳以上の方は、既に厚生年金資格喪失しており、70歳以上被保険者算定基礎届の対象でもないため、算定基礎届には名前が出てきません。

この方に対して、協会けんぽ側は、
「この方へは別な法令が適用されており、【加入要件を満たしているか否か】の判断を行う対象に該当しないため、この方は附表に含めなくてよい。この方を除いた人数で記入してほしい。」
といいますが、社会保険事務所側は、
「あくまで【報酬を支払っている人】についての調査なので、その方も含めてほしい。そして、社会保険に加入していない人の欄に1人と書いて、余白に矢印を引っ張り【後期高齢者医療保険制度の対象者】と書いてほしい」
といいます。

一体どちらが正しいのでしょうか?
個人的には社会保険事務所のほうが正しいように思えるのですが、協会けんぽの言うことも間違っていないように思えますし・・・。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  勝田労務管理事務所 さん (専門家) 2009年06月18日 22:22
個々の事務所で算定基礎届総括表の活用目的が違っているように解釈されますので、どちらも正しいのではないでしょうか。と言うことはどちらの回答のやり方で提出されても問題ないでしょう。
私のところではまだ算定基礎届の書類が届いていません。19日に発送と聞いております。
返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  まゆり さん 2009年06月19日 08:52
勝田労務管理事務所さま、ありがとうございます。
>どちらの回答のやり方で提出されても問題ないでしょう。
とのことですが、算定基礎届は「協会けんぽ」「社会保険事務所」と2箇所に出すのではなく「社会保険事務所を通じて協会けんぽに提出される」ため、どちらかに統一しなければならず、困っております。

社会保険事務所に再度電話し、協会けんぽでは『含めなくてよい』と言われた旨を説明し、再度指示を仰ぎましたが、社会保険事務所側は協会けんぽが間違っているといいますし、協会けんぽ側は社会保険事務所が間違っているといいます。
堂々巡りで困ってしまったためにこちらに投稿いたしました。
よろしければ再回答をお願いいたします。
返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  kazu21 さん 2009年06月19日 16:48
> 勝田労務管理事務所さま、ありがとうございます。
> >どちらの回答のやり方で提出されても問題ないでしょう。
> とのことですが、算定基礎届は「協会けんぽ」「社会保険事務所」と2箇所に出すのではなく「社会保険事務所を通じて協会けんぽに提出される」ため、どちらかに統一しなければならず、困っております。
>
> 社会保険事務所に再度電話し、協会けんぽでは『含めなくてよい』と言われた旨を説明し、再度指示を仰ぎましたが、社会保険事務所側は協会けんぽが間違っているといいますし、協会けんぽ側は社会保険事務所が間違っているといいます。
> 堂々巡りで困ってしまったためにこちらに投稿いたしました。
> よろしければ再回答をお願いいたします。

横から口をはさませていただきます。

算定基礎届総括表附表を見てもらうとすぐに分かりますが、

「3.7月1日現在、賃金報酬を支払っている人のうち被保険者となっていない人の内訳を記入して下さい。」の欄の項目に

パートタイマー
アルバイト
外国人労働者
その他(役員・嘱託等)
長寿医療制度に加入している人

の5項目があるはずです。(東京と埼玉版にはあります)
その方は、「長寿医療制度に加入している人」の欄に「1」と記入すればいいのではないでしょうか。
もしかすると、他の道府県では、その項目がないのかもしれませんが。(後期高齢者医療制度という呼び名は、批判が出たため、附表には、別の言い方で長寿医療制度と書かれています。)

ちなみに、総括表附表は、雇用に関する調査票なので、社会保険に未加入の方でもカウントして記入すべきものだと思います。

ご参考に。
返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  まゆり さん 2009年06月19日 17:07
kazu21さん、ありがとうございます。
私は北海道なのですが、北海道で送付された附表の3は、
・パートタイマー
・アルバイト
・外国人労働者
役員,嘱託等
の4項目しかないのです。
それで今回の質問にいたりました。
おっしゃるとおり「長寿医療制度に加入している人」という項目があれば、何も迷わなくていいのですが。。。
返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  kazu21 さん 2009年06月19日 17:37
> kazu21さん、ありがとうございます。
> 私は北海道なのですが、北海道で送付された附表の3は、
> ・パートタイマー
> ・アルバイト
> ・外国人労働者
> ・役員,嘱託等
> の4項目しかないのです。
> それで今回の質問にいたりました。
> おっしゃるとおり「長寿医療制度に加入している人」という項目があれば、何も迷わなくていいのですが。。。

失礼しました。
予想はしていたのですが、項目が1つ少ないのですね。
それでしたら、役員・嘱託等の欄の70歳以上に「1」と記入して余白に長寿医療制度加入者と書けばいいのではないでしょうか。
返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  まゆり さん 2009年06月22日 09:31
> それでしたら、役員・嘱託等の欄の70歳以上に「1」と記入して余白に長寿医療制度加入者と書けばいいのではないでしょうか。

ですから、その件について「社会保険事務所」と「協会けんぽ」の意見が割れており(社会保険事務所はkazu21さんの仰るとおり、「社会保険に加入していない人(役員,嘱託)の欄に1人と書いて、余白に矢印を引っ張り【後期高齢者医療保険制度の対象者】と書いてほしい」と言いますし、協会けんぽは「、【加入要件を満たしているか否か】の判断を行う対象に該当しないため、この方は附表に含めなくてよい。」と言います。どちらも「相手が間違っていて、自分の言うことが正しい」と言います。)、どうしたらよいのかわからず、どちらが正しいのか?という質問をさせていただいている次第です。
返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  勝田労務管理事務所 さん (専門家) 2009年06月22日 12:30
大阪の吹田社会保険事務所から算定基礎届総括表が届きましたが、昨年と同じようです。附表はありません。必要なのは「厚生年金保険70歳以上の被用者の算定基礎届」が添付されています。もちろん通常の健康保険厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届にも名前があります。
人数の把握の項目として「7月1日現在、賃金報酬を支払っている人のうち被保険者となってない人」として60歳未満の人と60歳以上の人に区分されているだけです。

様式が都道府県によって異なっているようです。要するに算定基礎届が正しく行われ、そしてその被保険者の漏れや被保険者不該当者の状況(理由)を確認するためのデーターを求めているのではないか思います。

ですから、無責任ながら提出会社にとって有利な記載をすればいいのではないでしょうか。
返信新規投稿する

Re: どちらが正しいのでしょう?(算定基礎届総括表附表について)

著者  kazu21 さん 2009年06月22日 14:43
> > それでしたら、役員・嘱託等の欄の70歳以上に「1」と記入して余白に長寿医療制度加入者と書けばいいのではないでしょうか。
>
> ですから、その件について「社会保険事務所」と「協会けんぽ」の意見が割れており(社会保険事務所はkazu21さんの仰るとおり、「社会保険に加入していない人(役員,嘱託)の欄に1人と書いて、余白に矢印を引っ張り【後期高齢者医療保険制度の対象者】と書いてほしい」と言いますし、協会けんぽは「、【加入要件を満たしているか否か】の判断を行う対象に該当しないため、この方は附表に含めなくてよい。」と言います。どちらも「相手が間違っていて、自分の言うことが正しい」と言います。)、どうしたらよいのかわからず、どちらが正しいのか?という質問をさせていただいている次第です。

あいまいな回答ですみません。
どちらが正しいかは、分かりませんが、私だったら、社会保険事務所のいう通りに記入します。その理由としては、提出先は社会保険事務所で、多分標準報酬決定通知書は、社会保険事務所名でくると思います。
今現在、協会けんぽの手続きは、健康保険の給付関係と任意継続の手続き、保険証の再交付など。資格取得・喪失や算定届月変届などは、社会保険事務所で取り扱いしています。実際に、取り扱っている方の意見を聞くのがいいのではないでしょうか。

ご参考に。
返信新規投稿する
1~9  (9件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク