スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 車両譲渡価格について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

車両譲渡価格について

著者  kasu さん 最終更新日:2009年07月16日 13:01
教えて下さい。
同族の有限会社ですが、一般社員と同じ扱いの息子の車両を会社名義にするのですが、30万円で購入しようと思うのですが、インターネットを見ると50万円前後のようです。
これは否認されますでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 車両譲渡価格について

著者  岩浅税理士事務所 さん (専門家) 2009年07月20日 18:42
厳密な話をすれば、譲渡者が個人で譲受者が法人で時価の2分の1以上の価額で取引した場合には

個人・・・通常の譲渡所得計算(30万円で計算)
法人・・・譲受価額と時価の差額は受贈益として計上し時価が取得価額となります。

実務上では、その差額が僅な場合には否認されることはまれです。しかしながら原則では上記のとおりとなります。
時価がいくらか? ということが大切です。

今回の場合インターネット上で調べられている価格はいわゆる中古車店の価格ではないでしょうか?
実際に下取りに出す場合の価額も時価と考えられます。
下取りの査定をしてもらうとか、だいたいの下取価格(車の専門誌に載ってますね)を把握しておくのも安心のひとつだといえるでしょうね。

乱文失礼します。ご参考までに・
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク