スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 【税務】海外子会社への給与について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

Re: 【税務】海外子会社への給与について

著者  ノムラ・コンサルティング・オフィス さん (専門家) 最終更新日:2009年09月16日 14:27
海外出向者の労働が現地で行われているのなら、その方が日本法人役員でない限り、現地国課税です、大抵(租税条約締結国で、もしかしたら例外的な条約があるかもしれないので、断言はできませんが)。
もちろん、日本から送金した場合、日本で源泉徴収する必要はないので、一旦100%本人に渡し、本人が現地国で確定申告することになるでしょう。
ただその前に、その海外出向者への給与を負担すべき主体が現地法人なのか、日本の会社なのかを明らかにしておかないと、その後のスキームを整理するのは難しいです。
負担すべきでない主体が給料を支払うと、寄付金課税とかの問題が生じる可能性がありますからね。

ご参考になる部分があれば幸いです。

> 閲覧頂きましてありがとうございます。
>
> 海外出向者への給与は現在現地法人より現地通貨で
> 支払われていますが、その国の税金がかかっています。
>
> それを日本の会社から給与を支払うようにすることで
> その国の税金を払わずに日本国の税金のみの
> 支払として取扱う過去とは可能でしょうか。
>
> ご教授頂けますと助かります。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 【税務】海外子会社への給与について

著者  tanakki さん 2009年09月24日 14:58
返信ありがとうございます。
大変参考になりました。

海外出向者の給与負担は現地法人ですが、本人に対して
は日本の本社から直接送金し、現地法人の方は
その金額を本社に入金してもらうというやり方で行っています。

この場合ですと現地国課税ということですね。
返信新規投稿する

【税務】海外子会社への給与について

著者  tanakki さん 2009年09月24日 14:58
閲覧頂きましてありがとうございます。

海外出向者への給与は現在現地法人より現地通貨で
支払われていますが、その国の税金がかかっています。

それを日本の会社から給与を支払うようにすることで
その国の税金を払わずに日本国の税金のみの
支払として取扱うことは可能でしょうか。

ご教授頂けますと助かります。
返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク