スポンサーリンク

HOME > プレスリリース > 刀匠と若手アーティスト10人の共創による、斬新な刃物と鍔10点

プレスリリース

国・自治体・公共機関

刀匠と若手アーティスト10人の共創による、斬新な刃物と鍔10点を展示 特別企画展「奥出雲と鉄 たたらと刀」を開催

最終更新日
2017年02月13日 18:00
平成29年2月13日

奥出雲町

奥出雲たたらブランド推進会議

http://www.okuizumo-tatara-pj.jp



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏



     刀匠と若手アーティスト10人の共創による、

        斬新な刃物と鍔10点を展示



    特別企画展「奥出雲と鉄 たたらと刀」を開催



開催期間: 平成29年2月19日(日)〜24日(金) 11:00〜20:00

会場: ショウケース(東京・港区 スパイラル1F)

入場: 無料



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏



 鉄とともにある町、島根県奥出雲町(町長:勝田 康則(かった・

やすのり)※1)は、「玉鋼(たまはがね)」をテーマにした特別

企画展「奥出雲と鉄 たたらと刀」を平成29年2月19日(日)から24

日(金)まで、ショウケース(東京都港区南青山5-6-23 スパイラ

ル1F)で開催します。

 「玉鋼」は、日本刀の材料として刀匠にのみ提供される貴重な鋼

で、たたら製鉄という日本古来の製鉄法でのみ製錬されます。「玉

鋼」や日本刀そしてたたら製鉄のもつ価値を世界に向けて発信する

ための一歩としてこの発表会を行います。

 今後、本展で試作制作した作品をもとに、2020年に開催される東

京五輪の記念品としての採用を目指してプレゼンテーションを行っ

ていきます。



[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTA1MSMxNzgwNjgjNTEwNTFfSkRwU0RaUGdPVy5qcGc.jpg ]



 本展の最大の特徴は、日本を代表する若手刀匠3人の「技術」と、

気鋭の若手アーティスト・デザイナー10人の「感性」のコラボレー

ションによって創り出された点です。伝統的な「たたら製鉄」(※2)

から生まれた「玉鋼」の新しい可能性を示しています。「刃物」と

「鍔」(つば)それぞれ5点、計10点の作品と、無鑑査認定および

東京都無形文化財刀匠 吉原 義人(よしはら・よしんど)氏作の

日本刀を展示します。なお、作品のデザインは、若手クリエーター

を紹介する公募展形式のアートフェスティバルであるSICF(スパイ

ラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)出

展者を中心とした公募の中から選びました。

 「刃物」は、包丁やナイフといった既成の枠に囚われないデザイ

ンでありつつも、実用性を損なわない新たなカテゴリーの「刃物」

を提案しています。

 「鍔」は本来、刀剣の柄と刀身の間に挟んで手を防護する部品で

すが、最近では伝統工芸品として外国人観光客から人気が高まって

います。刀匠の技術とアーティストの感性により、「鍔」の新たな

可能性を提示しています。



※1 奥出雲町は島根県の東部、中国山地の山間にある小さな町で、

  古来より良質な砂鉄が採取されます。その歴史は古く、『出雲

  国風土記』(733年)には、「たたら製鉄」によって本町一帯

  で鉄が作られ、その品質が優れていたことが記されています。

  また、『古事記』『日本書紀』ではスサノオ降臨の地として記

  述され、ヤマタノオロチ退治と天叢雲剣の出顕という「鉄の神

  話」の舞台にもなっています。



※2 「たたら製鉄」とは、炉の中で砂鉄と木炭を燃やして、日本

  刀の原料となる「玉鋼」という優れた鉄を生み出す製鉄技法で

  す。一度に砂鉄10トンと木炭12トンを使い、「玉鋼」を含む3

  トンほどの鉄の塊を得ることができます。村下(むらげ)と呼

  ばれる技師長のもと、三日三晩に及ぶ不眠不休の作業が続きま

  す。





        「奥出雲と鉄 たたらと刀」 概要



■主催:奥出雲町/奥出雲たたらブランド推進会議



■プロデュース:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所



■企画制作:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター



■開催期間:平成29年2月19日(日)〜24日(金) 11:00〜20:00



■主な展示品

[1] 刃物 5点及び鍔 5点

  (アーティストと刀匠によるコラボレーション作品)

[2] 玉鋼 (1級品)

[3] 日本刀 <2尺5寸長>、小刀数点、鍔 (吉原 義人 作)

[4] 鍔 (江戸時代 雪文様)

         ※予告なく変更となる場合があります



■会場:ショウケース

    (東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)



■交通案内:地下鉄銀座線、千代田線、半蔵門線 表参道駅

      B1、B3出口すぐ



■入場料:無料



                   以上



≪本件に関するお問い合わせ先≫

奥出雲町役場地域振興課

〒699-1592 島根県仁多郡奥出雲町三成358-1

TEL 0854-54-2524 FAX 0854-54-1229

Email info@okuizumo-tatara-pj.jp











提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

カテゴリー別一覧へ
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク