スポンサーリンク

HOME > プレスリリース > スタートラインが開始する“業務不足の解消”と“安定就労”を実現

プレスリリース

スタートラインが開始する“業務不足の解消”と“安定就労”を実現する農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI(いぶき)」への申し込みを5月19日より受付開始

最終更新日
2017年05月19日 11:00
障がい者雇用支援サービスを提供している株式会社スタートライン(本社:東京都八王子市、代表取締役:西村賢治)は、障がい者雇用にともなう課題を解決する新しいサービスとして“農園型障がい者雇用支援サービス”「IBUKI(いぶき)」の提供を開始します。8月に神奈川・横浜市内に最初の拠点を設け、本格的なサービスの提供を開始する「IBUKI」では、企業が障がい者雇用に取り組みやすいように、就業環境や業務などをパッケージにして提供します。就業環境は、障がい者雇用の場として近年注目されている農業的事業に取り組むことに適しており、ハーブ類を生産・加工し、企業の福利厚生や営業活動の販促物として活用できます。「IBUKI」の申し込み受付を5月19日(金)より開始します。

▼ 農園型障がい者雇用支援サービス「IBUKI」
紹介ページ:http://start-line.jp/service/entry-212.html


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTgxNyMxODMyNDQjNTE4MTdfQ3ZOT0NVVGd5Yi5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTgxNyMxODMyNDQjNTE4MTdfTU1uSElGUk5oci5qcGc.jpg ]

■障がい者の雇用にともなう課題を解決する新しいスタイルの障がい者雇用支援サービス「IBUKI」

5月19日(金)よりサービス利用のための申し込み受付を開始するのは、農園内に設けた植物装置付きブースで、企業が雇用した障がい者に栽培・加工などの業務に従事していただく新しいスタイルの障がい者雇用支援サービス「IBUKI」です。

2018年に予定されている障がい者の法定雇用率の引き上げ(現行2.0→2.3パーセントを想定)を見すえて、障がい者の雇用を予定している企業には新たな方針や対応が求められています。

しかし障がい者雇用の現場では、新しい業務の創出や、採用時の見極め、採用後の定着の難しさなど、企業と担当者の負担が増しているのが現状です。

この結果、多くの業界・企業において、法定雇用率を安定的に達成することが難しくなっています。そんな障がい者雇用の現場ならではの課題をワンストップで解決する新しいスタイルの障がい者雇用支援サービスが「IBUKI」です。

年々、課題や負担が増している企業での障がい者雇用の課題を解決するサービス「IBUKI」には次のようなメリットや特徴があります。

1.障がい者の業務不足の解消
農園内での栽培・加工業務などがあり、企業が新しく業務を創出する必要がありません。

2.安心、安全な就労環境
農園の屋内での業務なので、天候の影響を受けない安定した就労環境です。駅から近いロケーションでアクセスも便利です。

3.新しいスタイルの障がい者雇用支援サービスをワンストップで提供
採用、職場創出、業務の準備、定着までの障がい者雇用にともなうすべてのプロセスをワンストップで提供致します。


■障がい者雇用支援サービス「IBUKI」概要

企業が障がい者雇用に取り組みやすいように、就業環境や業務などをパッケージにして提供します。就業環境は、障がい者雇用の場として近年注目されている農業的事業に取り組むことに適しており、ハーブ類を生産・加工し、企業の福利厚生や営業活動の販促物として活用することを想定しています。

栽培した作物は、お客さまのニーズに応じて二次加工をほどこして食用や観賞、販促物などに活用できます。具体的には、ドライハーブ、ハーブティーなどに加工して顧客向けのノベルティとしての活用や社内の受付やデスクなど、オフィスの緑化に活用できます。

働く障がい者にとっては緑に触れながら仕事ができて、栽培・加工業務においても特別なスキル・経験は必要がないため植物の成長を見守りつつ、自身の成長にともなう充実感を日々味わいながら安心して働き続けることができます。また、自身の業務を通して制作したノベルティが企業内で有効活用されるため、企業内での活躍を実感することができます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTgxNyMxODMyNDQjNTE4MTdfc2NiY3hIdUpmYy5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTgxNyMxODMyNDQjNTE4MTdfVVdzc3JXZXZsRC5wbmc.png ]

■障がい者雇用支援サービス「IBUKI」今後の展開(予定)

2017年8月に神奈川・横浜市鶴見区駒岡に最初の拠点を開設する予定です。その後、都市部近郊の交通アクセスの便利なロケーションに順次、拠店を展開していく予定です。


■「IBUKI」のネーミングについて

日本語の「息吹(いぶき)」に由来しており、冬の季節が終わって植物や生き物が一斉に息を吹きかえし、活動的になりはじめるシーンをイメージしています。

左右にある二つの愛(I)を、スタートラインと障がい者を雇用する企業とがともに育み、そのあいだで障がい者たちが明るく、楽しく、元気に働くことを願ってサービス名を「IBUKI」としました。農園のデザインは、障がい者にとって働きやすいおしゃれな空間になる予定です。


■「関わるすべての人に働く喜びを」――スタートラインのビジョンと理念

働くことには、「喜び」があります。その「喜び」は人生を豊かにします。
私たちは「障がい者」の「働く」にフォーカスし、ビジネスを通してハードルやバリアをとりのぞく活動を展開して「障がい者」に関わるすべての人が「働く喜び」を感じるサポートを続けていきます。


【株式会社スタートラインについて】
本社:〒192-0902 東京都八王子市上野町31-8 パレ・セーヴル1F
代表者:代表取締役 西村賢治
設立:2009年12月
電話番号:050-5893-8926(代表)
URL:http://start-line.jp/
事業内容:障がい者雇用支援コンサルティング

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社スタートライン
担当者名:IBUKI事業チーム 高津(こうづ)
TEL:050-5893-8926
Email: ykozu@start-line.jp



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

カテゴリー別一覧へ

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク