スポンサーリンク

HOME > プレスリリース > ユネスコ無形文化遺産登録 日本一やかましいまつり 天下の奇祭「

プレスリリース

ユネスコ無形文化遺産登録 日本一やかましいまつり 天下の奇祭「石取祭」が8月5日,6日に開催=豪華絢爛な38台の祭車が大鉦と大太鼓を打ち鳴らす'美と音の競演'=

最終更新日
2017年07月31日 13:00
 ユネスコ無形文化遺産登録後、初めてとなる「石取祭」(以下、
本祭)が三重県桑名市(市長:伊藤 徳宇)で8月5日(土)、6日(日)
の両日、いよいよ開催されます。
桑名市HP=http://www.city.kuwana.lg.jp


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjc0OSMxODcyODEjMzY3NDlfS1ZSRVZvR2prZC5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjc0OSMxODcyODEjMzY3NDlfU1BYdGJTTEZEVy5qcGc.jpg ]

 本祭は江戸時代初期に始まったといわれ、桑名城下の町人や藩士が
楽しみにしていた春日神社の夏の祭りです。祭車総数43台、全国的
に見ても単一の神社、一神事でこれほどの山車が一堂に会する祭りは
非常に珍しく、大鉦(おおがね)や大太鼓を打ち鳴らし、“日本一やか
ましい祭”“天下の奇祭”とも呼ばれています。平成19年3月には
「桑名石取祭の祭車行事」の名称で、「国指定重要無形民俗文化財」
に指定、さらに、平成28年12月には本祭を含む日本全国の33件の
「山・鉾・屋台行事」について、ユネスコから「無形文化遺産」に
登録されました。

 本祭は毎年8月第一日曜日に「本楽」、その前日に「試楽」が行わ
れます。本年は8月5日午前零時に一斉に「叩き出し」が始まり、8月
6日の深夜まで丸二日間行われます。漆塗、蒔絵(まきえ)、象嵌(ぞ
うがん)、螺鈿(らでん)、透かし彫り、西陣織などで装飾した祭車
38台が大太鼓や大鉦を盛大に打ち鳴らしながら市内を練り歩きます。
整列をしている昼間の時間帯には、各祭車の華麗な彫刻などを見学で
き、各町別のさまざまな石取囃子も堪能できます。また、日没後の豪
華絢爛な祭車の灯火が夜空を焦がしつつ、巡行する姿は圧巻です。
 なかでも、見どころは「本楽」です。午後1時から行われる北市場
の「祭車整列」。出発準備のため、旧東海道の風情ある街並みととも
に祭車を見ることができます。また、午後6時30分から春日神社楼
門前で行われる「渡祭」。祭車が一台ずつ、大太鼓と大鉦を力いっぱ
い打ち鳴らす光景は壮観です。


=「石取祭」概要 =

日時:平成29年8月5日(土)〜6日(日)
場所:桑名市春日神社周辺
主催:桑名石取祭保存会
スケジュール:
5日(土) <試楽>
 午前0:00〜 叩き出し
 午後6:00〜 市内練り
6日(日) <本楽>
 午前2:00〜 叩き出し
 午後1:00〜 祭車北市場整列〔見どころ〕
 午後4:30〜 祭車曳き出し
 午後6:30〜 花車渡祭〔見どころ〕
 午後10:00〜 祭車田町交差点曳き別れ

<本件に関するお問い合わせ>
桑名市役所 商工観光文化課
TEL:0594-24-1361 E-Mail:shokom@city.kuwana.lg.jp
桑名市役所 ブランド推進課
TEL:0594-24-1258 E-Mail:brandm@city.kuwana.lg.jp




提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

カテゴリー別一覧へ

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク