スポンサーリンク

HOME > プレスリリース > これからの日本をつくる100の“働く”をみつけよう『ワークスト

プレスリリース

労務・総務・税務関連リリース

これからの日本をつくる100の“働く”をみつけよう『ワークストーリーアワード』第一回目の20ストーリーが決定!

最終更新日
2017年12月07日 15:00


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDkyNiMxOTQwODIjNTA5MjZfamFncEN4QXhaai5wbmc.png ]





アワード名:



ワークストーリーアワード



- これからの日本をつくる100の“働く”をみつけよう -



Work Story Award 特設サイト:https://award.atwill.work/





5年間限定のこのアワードは、毎年20、5年間で合計100のストーリーを見つける取り組みです。第一回目に選ばれた20のストーリーは以下の通りです。





テーマ部門として今年の10テーマを選定、また5名の個人賞、5つのグループ審査、計20のストーリーを選出いたしました。また、選ばれた20のストーリーは厳選なる抽選の結果、1〜20までのシリアルナンバーをつけております。



※審査会の結果、2017年はテーマ部門で2つ該当なしと判断し今年の選定は18ストーリーとなりました。





[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDkyNiMxOTQwODIjNTA5MjZfT2lvYWxkZnBLUi5wbmc.png ]





【 Work Story Award概要 】



対象:日本で実施されているもの。個人・チーム・部署/部門・企業・企業間は問わない





選考委員



<ゲスト審査員>



■日本社会を救うで賞:小室 淑恵 氏(株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)



自社の働き方を改革することが、結果として社会全体の働き方に関する課題を解決することにつながるようなストーリーを表彰します





■ママのやりがい探究賞:中原 淳 氏(東京大学 大学総合教育研究センター 准教授)



ワーキングマザーの皆さんに、「子どもの成長」に加えて、「仕事のやりがい」や「社会とつながっている感覚」を感じることのできる瞬間がより多く生まれる未来の実現をイメージさせるストーリーを表彰します





■元気がすべての基本で賞:藤沢 久美 氏(シンクタンク・ソフィアバンク 代表)



働くことは、お金を得るだけが目的ではなく、心や知識の成長も大切です。その源泉となるのが体の健康。心身の健康のために取り組みを取り入れた職場環境づくりを表彰します





■未来のウェルビーイング賞:松島 倫明 氏(NHK出版 放送・学芸図書編集部 編集長)



AIやロボットが人間を追いやるのではなく、テクノロジーが人間に寄り添い、ウェルビーイングを高めていく可能性が感じられる働き方を表彰します





■これぞ本質だ賞:八木 洋介 氏(株式会社people first 代表取締役/株式会社ICMG 取締役)



新しい働き方を求めながら、同時に顧客満足度をあげ、バランスよく「売り上げや利益に貢献する」という企業経営にとって本質的な結果を目指し、それを実践した組織を表彰します





<グループ審査員>



■日本を代表する人事マネージャー10名が選ぶWork Story賞



一人ひとりの生きる意味、価値、人生で成し遂げたいことと仕事のつながりを考え、感じることで、企業にも社会にもポジティブな変化を起こすストーリーを表彰します





カゴメ株式会社 執行役員 経営企画本部 人事部長 有沢 正人 氏



ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社 川崎 恵理



ソフトバンク株式会社 人事本部 採用・人材開発統括部 統括部長 源田 泰之 氏



ランスタッド株式会社 人事本部本部長 志水 静香 氏



ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長 島田 由香 氏



味の素KK 理事 グローバル人事部 次長 倉 千春 氏



サントリーホールディングス株式会社 グローバル人事部 部長 田中 憲一 氏



GEジャパン株式会社 人事部長 谷本 美穂 氏



三越伊勢丹ホールディングス グローバル人材本部 人事企画部 部長 藤森 健至 氏



株式会社people first 代表取締役/株式会社ICMG 取締役 八木 洋介氏





■20代の大学生が選ぶWork Story賞



働くに向かい合う大学生たちが、自分たちの未来を描くにあたって参考になると思ったストーリーを選出します





■次代の働き方を創る Work Story賞 presented by パーソルキャリア



働きたい人が笑顔で働ける。そんな次の時代のあたりまえになるだろう働き方をつくったストーリーを表彰します





■ロックなWork Story賞 presented by Tokyo Work Design Week



勤労界の”ロックフェス”こと「Tokyo Work Design Week」が選ぶ、熱狂的かつ創造的な勤労スターを選出します





■きょうそう<共創・競争>力のあるWork Story賞 presented by PHP総研



"社会・企業・労働者間でそれぞれを尊重しあいながら共に創る働き方と、企業としての市場競争力の維持向上を両立して実現している取り組みを選出します





<サポーター企業>



パーソルキャリア株式会社 / 森ビル株式会社 / 株式会社i-plug





<ストーリー監修>



株式会社PR Table





<後援>



経済産業省





▼アワード実施の背景・概要



2017年の経済三団体の祝賀会で、「働き方改革、断行の年に」 と安倍首相が話し、半年に渡って開催された働き方実現会議も「働き方改革実行計画(案)」をとりまとめ終了となりました。



しかし、働く環境を改善し、働き方をよくする取り組みは今年に始まったものではありません。多くの人がすでに取り組み、試行錯誤を重ねて、さらによくしようと取り組みを進めています。



日本には働き方に関する多くのアワードがすでに存在しています。どのアワードも、素晴らしい事例を世の中に発信しています。一方で、それでもなお事例が足りない、自分たちには実施できそうにないという声が、今年2月にat Will Work カンファレンスを実施した時に聞こえてきました。





私たちが目指す“働き方を選択できる社会づくり”のためには、できるだけ多くの事例や考え方に触れる場が必要だと私たちは考えています。そしてリーダーだけではない、企業だけではないところにも、多くの人が探している事例があるのではないかと信じています。



また、どのように働いていきたいか、どのような職場環境を作っていくのか、どのような成果を社会に提供していくのか、そこにはそれぞれの”Will(意思)”があるはずです。





そこで今回私たちが実施するのは「これからの日本をつくる100の働くをみつける」ためのアワード、ワークストーリーアワードを実施することにしました。



人でもなく、企業でもなく、ストーリー。今までのアワードではスポットライトが当たりづらかったチームや、複数の企業間での取り組みも知ることができます。





そしてこのアワードは5年間限定。5年後には”働き方”の多様性は今よりずっと進んでいるはずです。変化のスピードを早める一助となるため、5年間の実施を決めました。



1年間に20のストーリー、5年間で合計100のストーリーをみんなでみつける、そんなアワードを2017年12月から実施します。





▼ストーリーとは



成功した事例は再現性が必要です。成功した結果だけ切り出しても意味がなく、取り組んだ背景や人々の思いなどそこにある物語が重要だと考えます。課題をどのように認識していたのか、またどのようなアプローチをとったのか、それを私たちは「ストーリー」と呼んでいます。またストーリーを集めることで、会社や個人だけではなく、チームやプロジェクトにもスポットライトが当たると考えています。



条件が同じでなくても、そこにあるストーリーから学ぶことで、目の前の課題解決のヒントになる。ストーリーから働き方の選択肢が生まれていきます。





【一般社団法人at Will Workとは】



一般社団法人at Will Workは、“働き方を選択できる社会づくり”の実現に向けて、ノウハウの蓄積・体系化・共有を通じ、企業・人・団体の働き方事例の共有プラットフォームとして、2016年5月20日に発足した団体です。





一般社団法人at Will Work 概要



社名 一般社団法人at Will Work



所在地 東京都千代田区平河町2丁目5番3号 Nagatacho GRID 4F (株式会社ストリートスマート内)



設立 2016年5月20日





[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDkyNiMxOTQwODIjNTA5MjZfWVJienZvREJkeS5wbmc.png ]





---------------------------------------------------------------------------------



【本件に関する報道関係お問い合わせ先】



一般社団法人 atWillWork



広報担当:日比谷/遠藤



TEL:06-6282-7981



Email: pr@atwill.work











提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

カテゴリー別一覧へ
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク