スポンサーリンク

HOME > プレスリリース > これからどう働きますか? ヒント満載のPen 10月1日号、「

プレスリリース

労務・総務・税務関連リリース

これからどう働きますか? ヒント満載のPen 10月1日号、「自分らしさを生かす、新しい働き方。」は9月15日(土)発売

最終更新日
2018年09月14日 18:30
『Pen』 10月1日号(9月15日発売) CCCメディアハウス


Pen 10月1日号(9月15日発売) 648円(税別)デジタル版463円(税別)
いまワークスタイルがどんどん変わりつつあります。9月15日発売のPenでは、これからの働き方を考えるために、企業や組織の取り組みやさまざまなワークスタイルやキャリアを取材しました。

<特集の見どころをピックアップ!>
【私たちはこんな風に、理想の職場を考えました。】
昨年、渋谷・神宮前にオープンし、話題の「トランク ホテル」は、デザインだけでなくホテル運営のコンセプトもユニークです。なんとスタッフはユニフォームを着る義務がなく、年末年始は従業員が休みを取るために全館休業。このような独自の環境を実現している職場について取材しました。オランダの市役所や長時間勤務が問題視されるクリエイティブ業種の取り組みも紹介します。

【あの人がたどり着いた、ユニークな働き方。】
独自のワークスタイルを確立している人々に密着! ジャーナリストの佐々木俊尚さんは、東京と軽井沢、そして福井の「3拠点生活」で人生と仕事の幅を広げる刺激的な生活を送っています。放送作家の鈴木おさむさんはすべてのスケジュールを自分で管理、オンとオフを分けずに貪欲にインプットの時間をつくっているそうです。そのほか、ヤフーの社員でありながら石巻を中心に漁業にも携わる長谷川琢也さんや、「半年働き、半年休む」を実現する起業家の千葉順さんなど、独創的なワークスタイルにはヒントがいっぱいです。

【NY発のウィーワークが進化させた、コワーキングスペースへ!】
今年日本にも上陸した「ウィーワーク」は、コワーキングスペースを提供するNY発の企業です。世界23ヵ国に展開する躍進の秘密を知るべくNY・チェルシー地区の本社を訪ねました。「世界の働く環境をよくする」思想に基づいたスペースづくり、そして日本では東京、京都、大阪の働いてみたくなるワークプレイスを厳選して紹介します。

【オフィスデザインのプロ2人が語る最前線と未来。】
快適で、働く人の力を引き出すためのオフィスデザインを担うプロ2人が、今のトレンドや未来の理想のオフィスについて語ります。アマゾン、エアビーアンドビーやウーバーなど、最新事例も必見です。

そのほか、地方で働くスタイルを後押しして成功を収めている徳島県神山町の事例や、新発想のオフィス家具カタログ、そしてやる気向上のための精神科医のアドバイスも掲載。いまを生きる人を応援する大特集です。

Pen最新号はこちら。→ https://www.pen-online.jp/magazine/pen/460-atarashiihatarakikata

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

スポンサーリンク

カテゴリー別一覧へ

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク