スポンサーリンク

相談の広場

井戸端スペース 総務担当者の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

就労日数とは

著者  セブンあゆみ さん 最終更新日:2018年06月06日 01:45
給料計算を勉強中です。
納得いかないので教えてください。
給料明細に明記するとき、就労日数の欄は所定内労働の中で勤務した日数のみを転記しています。(計算式=所定内労働日➖(欠勤 +一日の有給休暇+特別休暇)

私は給料明細なので労働日数とはその人がその該当月に勤務した総労働日を明記するのが紛らわしくなくていいと思います。なので(所定内労働日−(欠勤+1日の有給休暇+半日の有給休暇+特別休暇+休日出勤)が就労日数ではないのがともやもやしています。

休日出勤を足したり半日の有給休暇を引くその考えかたはおかしいと上司にいわれます。

別件ですが勤務日数には
所定内労働日−欠勤−1日の有給休暇−特別休暇−公用車で移動した出張日−業務免除
が明記されており、通勤費を出すための日数が表示されているので、その書き方は本当の勤務日数ではなく、あくまでも通勤費を計算するだけの数字なのでそれを明記しているのは従業員さんに失礼だと思っています

いま業務引き継ぎ中で勉強中なので、色々ご指導してくださいませ。
どうぞよろしくおねがいします。

スポンサーリンク

返信

Re: 就労日数とは

著者  ぴぃちん さん 2018年06月06日 07:59
私見です。

どのように定義するのか、によるかと思います。
御社における"就労日数"をどのように定義しているのか、になるかと思います。

なので、書類にそのような日数を記載する場合においても、どのような日のことを求めているのかは、求めている会社や役所に確認を要することはあります。

ちなみに、
"就労日数","労働日数","勤務日数"との記載がありますが、御社においての定義が異なっていても、実際の意味合いとして運用しているのであれば、それぞれの定義が異なっていることは、あり、になるでしょうね。



> 給料計算を勉強中です。
> 納得いかないので教えてください。
> 給料明細に明記するとき、就労日数の欄は所定内労働の中で勤務した日数のみを転記しています。(計算式=所定内労働日➖(欠勤 +一日の有給休暇+特別休暇)
>
> 私は給料明細なので労働日数とはその人がその該当月に勤務した総労働日を明記するのが紛らわしくなくていいと思います。なので(所定内労働日−(欠勤+1日の有給休暇+半日の有給休暇+特別休暇+休日出勤)が就労日数ではないのがともやもやしています。
>
> 休日出勤を足したり半日の有給休暇を引くその考えかたはおかしいと上司にいわれます。
>
> 別件ですが勤務日数には
> 所定内労働日−欠勤−1日の有給休暇−特別休暇−公用車で移動した出張日−業務免除
> が明記されており、通勤費を出すための日数が表示されているので、その書き方は本当の勤務日数ではなく、あくまでも通勤費を計算するだけの数字なのでそれを明記しているのは従業員さんに失礼だと思っています
>
> いま業務引き継ぎ中で勉強中なので、色々ご指導してくださいませ。
> どうぞよろしくおねがいします。
返信

Re: 就労日数とは

著者  村の長老 さん 2018年06月07日 09:34
何やら論理回路の迷路にハマってしまった感があります。

シンプルに考えればいいんです。

そもそも就労日数との文言は、貴社ではどのように扱っているかです。

一般に勤務日数とは実働日数などの、実際に勤務した日、年休(半休含む)、特休、欠勤などを分類して明記する。それに該当する賃金あるいは控除額を連動させて明確にする。これで良いんじゃないでしょうか。日給月給制では、年休取得時に、明細上一旦欠勤のように控除し、年休賃金を加算するという明記方法もわかりやすくていいと思います。

①所定内労働日➖(欠勤 +一日の有給休暇+特別休暇)ではなく②所定内労働日−(欠勤+1日の有給休暇+半日の有給休暇+特別休暇+休日出勤)とありますが、そもそも②ではなく①にしている意味がわかりません。①には半日年休は含まれてないようですが別掲なのでしょうか。
返信

Re: 就労日数とは

著者  セブンあゆみ さん 2018年06月08日 02:41
用語について、特に定義はなく、会社それぞれの取り決めで事が足りるという事なのですね。

少し安心しました。
30年携わって来た方の確固としたスタイルがあるのでそれに従おうと思います。ご指導頂き、ありがとうございます。
返信

Re: 就労日数とは

著者  セブンあゆみ さん 2018年06月08日 03:18
悩んでいて、悶々と夜中の投稿となっていたので 論理回路の迷路にハマってしまった感ありありで失礼いたしました。


シンプル イズ ベスト!なんですね。

そもそも就労日数との文言は、つかわれていませんでした。
出勤日として、会社に来た日のみを給料明細にかいていらして、悶々としていたのです。
会社に来た日とは、会社に来ずに直接出張先に行ったらカウントせず、公用車で出張したら、0.5日とカウント する。また休日出勤は所定内労働の日でないのでカウントしない

というルールがあります。

半休は会社に来たから1日カウントされます。
なぜかというと通勤費をだすためだけの欄なのです。
通勤日数を入力してソフトに自動計算させているようです。
出勤日という欄にその数字が入っているのがどうしてもおかしいと感じ、この度就労日を入れさせてもらう希望をだしたのです。
なのにその気持ちは汲んでもらえず 休日も就労日にするのはおかしい
半休をカウントするのはまちがっていると上司にいわれるので、わざわざ明記し始めた意味を失い相談させてもらいました。

長年一人でやって来られているのでしたがうしかないようです。
出勤日は通勤日じゃない!という気持ちが私のなかにずっとあり、
厚生労働省のまいきんを出す時にさっ!と就労日数をソフトからひき出す項目があれば提出が早く楽になるなと思っているのですが、悉く却下されら次第です。
定義があればもう少し上司に物申そうと思いましたが
今は研修の身なので引き下がり、手前でまいきんの集計を粛々としようと思います。



相談に乗ってくださりありがとうございました!
返信
1~4  (4件中)
新規投稿する

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク