スポンサーリンク

HOME > 井戸端スペース 総務担当者の給湯室 > PCB使用安定器の保管・所有に関する調査について

相談の広場

井戸端スペース 総務担当者の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

PCB使用安定器の保管・所有に関する調査について

著者  ことりかた さん 最終更新日:2018年10月29日 10:16
市から調査依頼が来ましたが、皆さんどうしていらっしゃいますか?
ちゃんと調べて提出していますか?無視していますか?

該当製品を保有している場合は、届出・期限内の処分義務があり、違反した場合は罰則がある事は理解しました。
でも保有しているかどうかはわかりません。
(今まで届出などしてきませんでした。)

調べるとなると業者に依頼し、大掛かりな調査になります。
皆様どの様に対応されていますでしょうか?

スポンサーリンク

返信

Re: PCB使用安定器の保管・所有に関する調査について

著者  booby さん 2018年10月29日 11:40
> 市から調査依頼が来ましたが、皆さんどうしていらっしゃいますか?
> ちゃんと調べて提出していますか?無視していますか?
>
> 該当製品を保有している場合は、届出・期限内の処分義務があり、違反した場合は罰則がある事は理解しました。
> でも保有しているかどうかはわかりません。
> (今まで届出などしてきませんでした。)
>
> 調べるとなると業者に依頼し、大掛かりな調査になります。
> 皆様どの様に対応されていますでしょうか?
>

担当ではありませんが、知識だけはありますので、コメントします。

PCB特措法は時限立法で、2027年度末までの処理が義務化され、現在届け出漏れの掘り起こしが行われています。漏えい事故があって初めて、届け出漏れだったことが判明した事件が数件あり、各自治体ともPRに熱を入れているようです。

期限切れ以降、高濃度PCB廃棄物は廃棄処理が不可能となり、保管もできません。存在自体が認められなくなります。御社も洗い出ししていないなら、漏えい事故が起こってから初めて判ることになり、企業信用の失墜は免れません。今は自治体の責任とされていますが、期限日以降は企業の怠慢となるのは明らかです。

昭和50年(1975年)以降の機器はすべてPCBフリーのはずですので、現物を見なくても台帳で一次スクリーニングが可能です。(台帳管理自体していないなら、それなりのお金がかかります。)

当社では特措法初年度に洗い出しを行い、早々に処理依頼を出しました。消費者向けの一般消費財メーカーなので、企業イメージは大切にすべきとの理由です。

返信

Re: PCB使用安定器の保管・所有に関する調査について

著者  ことりかた さん 2018年10月31日 09:38
booby様

 ご回答ありがとうございました。大変勉強になりました。
ご回答いただいた内容をふまえ、上長に相談してみます。
返信
1~2  (2件中)
新規投稿する

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク