スポンサーリンク

HOME > 井戸端スペース 総務担当者の給湯室 > 朗報というか…悲報というか…

相談の広場

井戸端スペース 総務担当者の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

朗報というか…悲報というか…

著者  hitokoto2008 さん 最終更新日:2018年11月22日 22:22
前の会社が差し押さえを受けたという情報を得ました。
差し押さえられる債権、その方法も半年以上前に伝授しておいたはず。
よくまあ~ダラダラと破綻を先延ばししてきたと関心した。
嘗ての上司である経営者は泣きごとタラタラの由(苦笑)
特別背任は堅かったが、破綻直前に新規融資を受けているから、詐欺罪も追加か…
破綻を想定していたので「事業拡大などするな!」とも言っておいたはず。
てるみくらぶ、はれのひを引き合いに出して注意を与えていたのに…
聞く耳を持たない人には何を言っても無駄…
退職する時に「会社は必ず倒産する」と断言した手前、そうでないと私がウソを言ったことになってしまう(苦笑)
とりあえず持論通りだったので、良かった、良かった…

スポンサーリンク

返信

Re: 朗報というか…悲報というか…

著者  hitokoto2008 さん 2018年11月23日 20:24
本日聞いた話によれば、弁護士と相談して今後の対応を練るということらしい…
だが、弁護士に法的相談をしても、経営者にそれを理解できる頭はない。
私がアドバイスをしていたときも「hitokotoは弁護士でもないくせに、社員に法的アドバイスをして会社をメチャクチャにしやがった…」とさんざん悪口をいただいていた(爆笑)
差し押さえをされた今でも、社員達には説明すらしていない。すべて自分の保身から出ている話だから、説明するのも無理だろうが…
まあ~弁護士に相談しても、最終的には後処理は破産管財人が行うことだから、それも無駄になるだろうけど。
でも、やっと肩の荷が下りた感がある。
ふぅ~。。。。。
返信

Re: 朗報というか…悲報というか…

著者  hitokoto2008 さん 2018年11月24日 09:45
今いるところも大枠では似たような会社。
ただ、内容は純粋な経営不振で、その再建の手助けをお願いされているわけ。でも、私はそもそも企業再生屋ではないし…
前任者が辞めてその中継ぎのつもりでいたが、その問題の根っ子はかなり深いと感じている。
前職の経営者と比較すれば、今の経営者は小学生と社会人位の雲泥の差があるが、潰れるときにはその差も関係ないし…
でも、企業に人材は必要だと痛切に感じている。
問題は、企業がそういう人材を雇用できるかどうかに尽きるかだが、それなりの給与が支払えない状態では人材も集められない。
私が入ったということで、「既存の社員の賞与を減らしたい(仕事が楽になったはずだからという理由)」という相談も受けたが、「そういうことはしてはいけない」と止めてもらうように進言した。
一生懸命長く勤めてきた人、今後もやってもらう人にそういう扱いをしてはだめだよ。
既にサラリーマン人生も終焉を迎えようとしているが、最後までグチャグチャだな(爆笑)
返信

Re: 朗報というか…悲報というか…

著者  hitokoto2008 さん 2018年11月24日 10:50
ある1日の流れを見ると…
朝9時から11時まで会議。11時から外出先で12時半まで打ち合わせ。戻ってきてから、13時半から16時半まで会議。
私の勤務時間は17時までだから、後30分しかない…
前任者が抜けて書類関係も整理されていないので、お願いされている仕事の他にその整理などもやって欲しいという…
他にも、あれも、これも、仕事の合間にやってほしいという。
物理的に無理だと思うが…(爆笑)
若い頃なら自宅へ仕事を持ち帰ってでも処理したものだが、年齢的にも雇用条件からもそこまでやる気はさらさらない。
月給制を断ってパートタイムを希望したのもそのためだが、さて、どうしたものか…
まあ~月曜日までにお願いされているものはしかたがないので、今日、明日で目途をつけるつもり。






> 今いるところも大枠では似たような会社。
> ただ、内容は純粋な経営不振で、その再建の手助けをお願いされているわけ。でも、私はそもそも企業再生屋ではないし…
> 前任者が辞めてその中継ぎのつもりでいたが、その問題の根っ子はかなり深いと感じている。
> 前職の経営者と比較すれば、今の経営者は小学生と社会人位の雲泥の差があるが、潰れるときにはその差も関係ないし…
> でも、企業に人材は必要だと痛切に感じている。
> 問題は、企業がそういう人材を雇用できるかどうかに尽きるかだが、それなりの給与が支払えない状態では人材も集められない。
> 私が入ったということで、「既存の社員の賞与を減らしたい(仕事が楽になったはずだからという理由)」という相談も受けたが、「そういうことはしてはいけない」と止めてもらうように進言した。
> 一生懸命長く勤めてきた人、今後もやってもらう人にそういう扱いをしてはだめだよ。
> 既にサラリーマン人生も終焉を迎えようとしているが、最後までグチャグチャだな(爆笑)
返信
1~3  (3件中)
新規投稿する

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク