スポンサーリンク

HOME > 秘書の森 > ビジネスマナー > お祝い事

秘書の森 出来る秘書のお役立ち情報紹介

お祝い事 - 結婚記念日

結婚記念日の種類

answer

結婚記念日の由来
結婚記念日を祝う風習は、イギリスから始まったといわれています。
19世紀のイギリスでは、結婚5年目、15年目、25年目、50年目、60年目と5回の記念日を祝っていました。
これがアメリカに伝わり、にぎやかなことの好きな国民性と貴金属商の商魂とがあいまって、数多くの記念日が祝われるよう
になったといいます。
日本では明治27年、明治天皇の大婚25周年祝典が行われたのが最初で、最近では若い家庭を中心に結婚記念日を
祝う風習が広まってきました。

 1年:紙婚式
 5年:木婚式
 7年:銅婚式
10年:錫婚式またはアルミ婚式
15年:水晶婚式
25年:銀婚式
50年:金婚式
75年:ダイヤモンド婚式

特別にお祝をするのは25年銀婚式、50年金婚式、75年ダイヤモンド婚式が多く、身内や親しい人が集まって
食事会を開催することが多いようです。

★ワンポイントアドバイス★

ビジネスの場面で、結婚記念日のお祝を意識することは少ないと思われますが、取引先のトップの方の記念日に
お祝をする場合は、旅行券やお酒類(ワイン、ウイスキーなど)、ペアグラス、花などを贈ることが多いです。
男性に向けてというより、奥様が喜ばれるようなものを選ぶのもよいでしょう。

ページの先頭に戻る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク