スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

人事評価制度を作ったのにモチベーションを下げている上司の行動

ある程度の規模の企業になると、少なからず人事評価制度を導入しているかと思います。
多くのパターンは、自己評価に対して上司が評価し面談するというものです。

半年ごとの評価は、なかなか行動の維持には役には立たないのですが、やらないよりはましだと言えます。

逆にせっかく評価制度を導入しているのに、意味がないどころか逆効果になっている場合があります。

【上司がさりげなく行っている、部下のモチベーションを下げる行動とは??】

上司がさりげなく行っている、部下のモチベーションを下げる行動とは、

それは 【面談の日時を延期すること】です。

経営会議や重要顧客との面談など、評価者である管理職にはさまざまな事情があるでしょう。

しかしながら、だからと言って前から決めていた面談日程を延期すると、部下からすると「この面談はその程度のもんなんだ」とモチベーションが下がってしまいます。

他の用事のほうが優先されてしまうことで、大切にされていないと感じるのです。
【会社に大切にされている感】がとても大切なのです。

せっかくの評価制度、ぜひともうまく運用し、コミュニケーション向上のきっかけにしていただければと思います。

----
ストレスチェックQ&Aまとめページ はこちらから。
http://cp-sr.com/stress-check

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、社長専属カウンセラーとして社長の悩みをとことん聴きます。
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

※ストレスチェック制度の本を3冊出版しました。
詳細はHP
http://cp-sr.com/archives/info/publish
をご覧ください。


業務案内・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
http://cp-sr.com/contact/

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷6階
Tel:03-4400-6735 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,982コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP