スポンサーリンク

相談の広場

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

住民税の控除月

著者 のぶしげ さん

最終更新日:2011年06月06日 20:51

今回はじめて住民税特別徴収をすることになりました。
そこで、ご質問です。
当社の給与は月末締めの翌月10日払いなのですが、6月分の住民税は6月10日払いの給与から控除するのが正しいのでしょうか。
それとも、7月10日払いの給与から控除するのが正しいのでしょうか。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 住民税の控除月

著者ファインファインさん

2011年06月06日 21:37

> 今回はじめて住民税特別徴収をすることになりました。
> そこで、ご質問です。
> 当社の給与は月末締めの翌月10日払いなのですが、6月分の住民税は6月10日払いの給与から控除するのが正しいのでしょうか。
> それとも、7月10日払いの給与から控除するのが正しいのでしょうか。
> よろしくお願いします。

-----------------------------------

特に決まりはないと思います。
ただ決まっているのは6月分の住民税の納付期限は7月10日(今年は10日が日曜日なので11日ですが)だということです。

6月10日支給分から徴収すれば預り金が約1か月残っている形になります。
7月10日支給分から徴収すると、預り金発生日と納付日が同じですので、納付手続きをする段階ではまだ預かっていない状態になります。

どちらを選択するかは貴社次第ということになりますが、「6月に支給される給与から6月分の住民税徴収」のほうが分かり易いのではないでしょうか。

Re: 住民税の控除月

著者オレンジcubeさん

2011年06月07日 08:23

> 今回はじめて住民税特別徴収をすることになりました。
> そこで、ご質問です。
> 当社の給与は月末締めの翌月10日払いなのですが、6月分の住民税は6月10日払いの給与から控除するのが正しいのでしょうか。
> それとも、7月10日払いの給与から控除するのが正しいのでしょうか。
> よろしくお願いします。

こんにちは。
当社も一部の給与支給者は、末締めの翌15日払いとしておりますが、6月15日給与から新しい額で控除するようにしております。
7月納付時に新しい住民税額で控除できれば、他の方の回答もありますとおり問題ないと思います。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP