スポンサーリンク

相談の広場

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

概算保険料超過分の仕訳について

著者 こしあん派 さん

最終更新日:2018年01月10日 14:01

表題の件で一件ご質問がございます。

弊社では労働保険料を以下のように仕訳しております。
①概算保険料納入時
 法定福利費/現金

②給与徴収時
 給与/法定福利費

③概算保険料追加納入時
 法定福利費/現金

概算保険料が超過していた場合、実際には還付を受けるのではなく、当年分の概算保険料に充当されると思いますが、その場合の仕訳はどのようにすればいいでしょうか。


ご教授よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

Re: 概算保険料超過分の仕訳について

著者ぴぃちんさん

2018年01月10日 14:58

年度更新において申告済概算保険料が確定保険料を上回ったということでしょうか。
差額は申告する概算保険料に充当しますが、充当しても尚上回る状態であれば還付されます。

充当だけであれば、納付する金額は、計算された概算保険料額から充当額を引いた金額になるので、納付時 納付する金額で
法定福利費/現金預金であれば預金
の仕訳になります。



> 表題の件で一件ご質問がございます。
>
> 弊社では労働保険料を以下のように仕訳しております。
> ①概算保険料納入時
>  法定福利費/現金
>
> ②給与徴収時
>  給与/法定福利費
>
> ③概算保険料追加納入時
>  法定福利費/現金
>
> 概算保険料が超過していた場合、実際には還付を受けるのではなく、当年分の概算保険料に充当されると思いますが、その場合の仕訳はどのようにすればいいでしょうか。
>
>
> ご教授よろしくお願いいたします。

Re: 概算保険料超過分の仕訳について

著者こしあん派さん

2018年01月11日 09:59

> 年度更新において申告済概算保険料が確定保険料を上回ったということでしょうか。
> 差額は申告する概算保険料に充当しますが、充当しても尚上回る状態であれば還付されます。
>
> 充当だけであれば、納付する金額は、計算された概算保険料額から充当額を引いた金額になるので、納付時 納付する金額で
> 法定福利費/現金預金であれば預金
> の仕訳になります。
>

ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP