スポンサーリンク

相談の広場

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

社内行事の賞品は課税対象になりますでしょうか?

著者 uttchi_3 さん

最終更新日:2018年05月31日 10:32

社内行事にて、ある一定期間(半年間)にマイカー及び社有車運転時における無事故無違反を達成した場合、その社員に500円~1,000円のクオカードを贈呈しようと思います。
この行事は全社員に周知する予定です。

クオカードは換金性が高いので現金扱いになると思いますがこの場合、経理上給与所得になるか一時金になるか教えて下さい。

又、業務上の行事であると一時金とは認められない場合もあると聞きましたが上記の場合この点がどうなるのか教えて下さい。

宜しくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 社内行事の賞品は課税対象になりますでしょうか?

著者ぴぃちんさん

2018年05月31日 12:03

期間対象が半年であることも考えれば、従業員への給与所得として課税対象になると考えます。




> 社内行事にて、ある一定期間(半年間)にマイカー及び社有車運転時における無事故無違反を達成した場合、その社員に500円~1,000円のクオカードを贈呈しようと思います。
> この行事は全社員に周知する予定です。
>
> クオカードは換金性が高いので現金扱いになると思いますがこの場合、経理上給与所得になるか一時金になるか教えて下さい。
>
> 又、業務上の行事であると一時金とは認められない場合もあると聞きましたが上記の場合この点がどうなるのか教えて下さい。
>
> 宜しくお願いします。

Re: 社内行事の賞品は課税対象になりますでしょうか?

著者uttchi_3さん

2018年05月31日 14:37

ぴぃちんさん、レスありがとうございます。

> 期間対象が半年であることも考えれば、従業員への給与所得として課税対象になると考えます。
>

一時所得の定義として、営利を目的とした継続的行為 から得られる所得ではなく、また、労務役務の対価でもなく、資産の譲渡などによる所得でもない 一時的な所得を指します。

とありますが、当該行事は一定期間を対象として一時的に賞品を渡すわけですので一時所得としても齟齬はないような気がしますがいかがでしょうか?

Re: 社内行事の賞品は課税対象になりますでしょうか?

著者tonさん

2018年06月01日 07:31

> ぴぃちんさん、レスありがとうございます。
>
> > 期間対象が半年であることも考えれば、従業員への給与所得として課税対象になると考えます。
> >
>
> 一時所得の定義として、営利を目的とした継続的行為 から得られる所得ではなく、また、労務役務の対価でもなく、資産の譲渡などによる所得でもない 一時的な所得を指します。
>
> とありますが、当該行事は一定期間を対象として一時的に賞品を渡すわけですので一時所得としても齟齬はないような気がしますがいかがでしょうか?


こんばんは。横からですが…
行事というより奨励金とか報奨金とか達成祝い金のように思われますがどちらにしても給与課税でしょう。
ネット情報ですが…

4.法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除く)

 法人から個人への贈与は、二者間の雇用関係の有無に応じて性格が異なります。すなわち、受贈者である個人が従業員ないし役員であれば、その所得は「給与所得」となり、雇用関係がなければ「一時所得」となります。

となり一時ではなく給与所得課税処理が妥当でしょう。
とりあえず。

Re: 社内行事の賞品は課税対象になりますでしょうか?

著者ぴぃちんさん

2018年06月01日 07:56

> 一時所得の定義として、営利を目的とした継続的行為 から得られる所得ではなく、また、労務役務の対価でもなく、資産の譲渡などによる所得でもない 一時的な所得を指します。
>
> とありますが、当該行事は一定期間を対象として一時的に賞品を渡すわけですので一時所得としても齟齬はないような気がしますがいかがでしょうか?



支給する対象者に雇用契約があるので、給与所得として考えることになります。
創業記念品等を支給する場合でも、現金や商品券を支給するときには、給与課税することになっていますから、半年でクオカードであれば、給与として、課税対象の処理になります。

国税庁ホームページより抜粋・引用
”創業記念で支給する記念品や永年にわたって勤務している人の表彰に当たって支給する記念品などは、次に掲げる要件(略)をすべて満たしていれば、給与として課税しなくてもよいことになっています。
なお、記念品の支給や旅行や観劇への招待費用の負担に代えて現金、商品券などを支給する場合には、その全額(商品券の場合は券面額)が給与として課税されます。”

1~5
(5件中)

    スポンサーリンク

    PAGE TOP