スポンサーリンク

相談の広場

企業法務

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

会社合併に伴う酒類販売免許の承継について

著者 smtdk さん

最終更新日:2018年07月05日 00:53

グループ内の会社再編により、親会社(A社)とその100%子会社(B社)が合併します。
B社は酒類販売免許を保有しており、その内容は小売業免許と卸売業免許の両方(昭和の早い時期に取得したもので制限がないもの)です。
合併したらA社にてその免許を引き継ぎ、ビジネスの拡大に利用したいのですが、その条件としていわゆる法人成り等の取扱いの要件のうちの卸売業免許に関するもので、直近1年販売数量が100㎘未満でないことがありますが、これを満たさない場合(これ以外の要件である新規の申請書提出と同時に既存の免許に係る取消申請を同時に提出することや、既存販売場と同じ場所で営業することは満たせている)、既存の免許内容をそのまま全て引き継ぐことはやはり不可能でしょうか?例えば審査する方との話し合い等でなんとかなる可能性はあるのでしょうか?
あるいは、卸売業免許は引き継ぐことができないが、小売業免許のみ引き継ぐことが可能と認められるというパターンはあり得るのでしょうか?
それとも、このように小売業免許のみ部分的に引き継ぐことは不可能で、全ての要件を満たさなければ、A社は新規で免許取得の審査を受けなければならないということになるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

Re: 会社合併に伴う酒類販売免許の承継について

著者安芸ノ国さん

2018年07月05日 13:34

お疲れさんです

ご質問のケースは、行政書士の方にお問い合わせが賢明と思います
最近は 酒類販売個人事業主等も非常に難しくなってきてますから 税務署等も同様のチェックは厳しく行っているようです

ミライ行政書士法人 Hp
法人成り等の場合の酒類の販売業免許の取扱い
http://www.no1-sake.com/archives/296

Re: 会社合併に伴う酒類販売免許の承継について

著者smtdkさん

2018年07月05日 13:43

安芸ノ国さま

アドバイス頂きまして、どうもありがとうございました。


> お疲れさんです
>
> ご質問のケースは、行政書士の方にお問い合わせが賢明と思います
> 最近は 酒類販売個人事業主等も非常に難しくなってきてますから 税務署等も同様のチェックは厳しく行っているようです
>
> ミライ行政書士法人 Hp
> 法人成り等の場合の酒類の販売業免許の取扱い
> http://www.no1-sake.com/archives/296

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP