スポンサーリンク

相談の広場

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

敷金の権限移管の仕訳について

著者 あーる86 さん

最終更新日:2018年07月21日 10:14

いつもお世話になっております。
私たちの会社では、A社から又貸しされている形で事務所を賃貸契約しており、契約の際に敷金も払っておりました。
しかし、今回諸事情で賃料の支払と敷金がA社が借りていた母体の会社に変更になります。その際に母体会社と契約敷金もA社⇒母体会社に支払する】を交わしているのですが、
弊社の会計上の仕訳として敷金補助の変更として、敷金【新】/敷金【A社】で宜しいでしょうか?

宜しく御願い致します。

スポンサーリンク

Re: 敷金の権限移管の仕訳について

著者tonさん

2018年07月22日 00:49

> いつもお世話になっております。
> 私たちの会社では、A社から又貸しされている形で事務所を賃貸契約しており、契約の際に敷金も払っておりました。
> しかし、今回諸事情で賃料の支払と敷金がA社が借りていた母体の会社に変更になります。その際に母体会社と契約敷金もA社⇒母体会社に支払する】を交わしているのですが、
> 弊社の会計上の仕訳として敷金補助の変更として、敷金【新】/敷金【A社】で宜しいでしょうか?
>
> 宜しく御願い致します。


こんばんは。
補助を利用して管理されているならそれでいいと思います。
元貸主から敷金の返還は無く元貸主が責任をもって新貸主へ資金移行するのですよね。
一旦御社へ契約解除として返金されるのであれば増減処理は必要かと思います。
とりあえず。

1~2
(2件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP