スポンサーリンク

相談の広場

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

被災した従業員への義援金の仕訳

著者 さざんかのやど さん

最終更新日:2018年07月31日 10:59

こんにちは
いつも参考にさせて頂いております。

このたび会社から被災した従業員への義援金をしました。
この際の仕訳、及び税額控除についてお聞きしたいです。

従業員Aさんに10万円の災害義援金を会社から行った。

②この際の仕訳は・・・・

※1 寄付金/現金
※2 接待交際費/現金
※3 損金/現金

もしくは他の勘定科目を適用したほうがいいでしょうか?
当社でこのような義援金、寄付は初めてです。
国や、行政、赤十字ではないので寄付ではないと思うのですが、
通常の損金計上で全額所得控除になるのか、もしくは寄付金のように
税額控除になるのか、ご教授いただければ幸いです。
 

スポンサーリンク

Re: 被災した従業員への義援金の仕訳

著者ぴぃちんさん

2018年07月31日 11:55

御社の従業員であれば、福利厚生費の仕訳でよいかと思います。
10万円が妥当かどうかまでは判断できないので、御社の規定がどのようになってるのかでしょうか。



> こんにちは
> いつも参考にさせて頂いております。
>
> このたび会社から被災した従業員への義援金をしました。
> この際の仕訳、及び税額控除についてお聞きしたいです。
>
> ①従業員Aさんに10万円の災害義援金を会社から行った。
>
> ②この際の仕訳は・・・・
>
> ※1 寄付金/現金
> ※2 接待交際費/現金
> ※3 損金/現金
>
> もしくは他の勘定科目を適用したほうがいいでしょうか?
> 当社でこのような義援金、寄付は初めてです。
> 国や、行政、赤十字ではないので寄付ではないと思うのですが、
> 通常の損金計上で全額所得控除になるのか、もしくは寄付金のように
> 税額控除になるのか、ご教授いただければ幸いです。
>  

Re: 被災した従業員への義援金の仕訳

著者さざんかのやどさん

2018年07月31日 16:03

早速の返信、ありがとうございます。
そうですね、福利厚生費がありますね。
当社では初めての案件であり、金額の規定はありません。
福利厚生費であればハンカンヒとなり、通常の全損扱いでしょうか?
やはりこの場合は当社従業員であるので寄付にはなりえませんでしょうか?

Re: 被災した従業員への義援金の仕訳

著者ぴぃちんさん

2018年07月31日 17:15

福利厚生費としてであれば、経費になるかと思います。
従業員ですから、給与としての処理は問題ないと思いますが、従業員に対する寄付金処理にすることは難しいのではないかと思います。
御社の税理士さんに確認してみてください。

Re: 被災した従業員への義援金の仕訳

著者さざんかのやどさん

2018年08月01日 10:37

ぴいさま、このたびはありがとうございました。
当社税理士がまず自分で勉強してから聞いてきなさいというタイプでして、
質問させて頂きました。
確かに寄付は無理がありますね。
早急のご返信、感謝いたします。


> 福利厚生費としてであれば、経費になるかと思います。
> 従業員ですから、給与としての処理は問題ないと思いますが、従業員に対する寄付金処理にすることは難しいのではないかと思います。
> 御社の税理士さんに確認してみてください。
>

Re: 被災した従業員への義援金の仕訳

著者tonさん

2018年08月01日 19:11

> こんにちは
> いつも参考にさせて頂いております。
>
> このたび会社から被災した従業員への義援金をしました。
> この際の仕訳、及び税額控除についてお聞きしたいです。
>
> ①従業員Aさんに10万円の災害義援金を会社から行った。
>
> ②この際の仕訳は・・・・
>
> ※1 寄付金/現金
> ※2 接待交際費/現金
> ※3 損金/現金
>
> もしくは他の勘定科目を適用したほうがいいでしょうか?
> 当社でこのような義援金、寄付は初めてです。
> 国や、行政、赤十字ではないので寄付ではないと思うのですが、
> 通常の損金計上で全額所得控除になるのか、もしくは寄付金のように
> 税額控除になるのか、ご教授いただければ幸いです。
>  


こんばんは。
ネット情報ですが...

会社から社員に支払われた義援金・見舞金は、原則は受け取った社員の給与所得と考えられます。しかし、一方で義援金・見舞金の支給は、社会的慣行として認められており、一種の儀礼的な行為です。こうした「禍福に際して支払われる金品」の受領についてまで課税するのは妥当でないとされ、社会通念上相当と認められるものであれば、所得税が課税されないことになっています。

ただし、義援金が社会通念上相当と認められる金額以上であると税務調査で指摘された場合、支給額から社会通念上相当と認められる金額を引いた残額に対してではなく、全額が所得税の課税対象となる可能性がありますので、注意してください。

「相当」の具体的な額は示されていませんので、世間一般の支給相場等をふまえつつ、社員が等しく対象となることを証明できるよう、災害が起こった場合の会社の対応について規程にしておくことをお勧めします。また、影響が長期にわたる被災でも、義援金は一括支給するのが望ましいでしょう。

以上ネット税理士情報です。
とりあえず。

Re: 被災した従業員への義援金の仕訳

著者さざんかのやどさん

2018年08月02日 08:37

ton様、返信ありがとうございます。
給与所得になるのは考えにありませんでした。
ただ、今回は甚大な被害が出ている上、社会通念上、常識の範囲内の義援金なので福利厚生費で処理を考えております。
ありがとうございました。







> > こんにちは
> > いつも参考にさせて頂いております。
> >
> > このたび会社から被災した従業員への義援金をしました。
> > この際の仕訳、及び税額控除についてお聞きしたいです。
> >
> > ①従業員Aさんに10万円の災害義援金を会社から行った。
> >
> > ②この際の仕訳は・・・・
> >
> > ※1 寄付金/現金
> > ※2 接待交際費/現金
> > ※3 損金/現金
> >
> > もしくは他の勘定科目を適用したほうがいいでしょうか?
> > 当社でこのような義援金、寄付は初めてです。
> > 国や、行政、赤十字ではないので寄付ではないと思うのですが、
> > 通常の損金計上で全額所得控除になるのか、もしくは寄付金のように
> > 税額控除になるのか、ご教授いただければ幸いです。
> >  
>
>
> こんばんは。
> ネット情報ですが...
>
> 会社から社員に支払われた義援金・見舞金は、原則は受け取った社員の給与所得と考えられます。しかし、一方で義援金・見舞金の支給は、社会的慣行として認められており、一種の儀礼的な行為です。こうした「禍福に際して支払われる金品」の受領についてまで課税するのは妥当でないとされ、社会通念上相当と認められるものであれば、所得税が課税されないことになっています。
>
> ただし、義援金が社会通念上相当と認められる金額以上であると税務調査で指摘された場合、支給額から社会通念上相当と認められる金額を引いた残額に対してではなく、全額が所得税の課税対象となる可能性がありますので、注意してください。
>
> 「相当」の具体的な額は示されていませんので、世間一般の支給相場等をふまえつつ、社員が等しく対象となることを証明できるよう、災害が起こった場合の会社の対応について規程にしておくことをお勧めします。また、影響が長期にわたる被災でも、義援金は一括支給するのが望ましいでしょう。
>
> 以上ネット税理士情報です。
> とりあえず。

1~7
(7件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP