スポンサーリンク

相談の広場

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

整体師・鍼灸の源泉徴収について

著者 Doon さん

最終更新日:2018年09月17日 21:28

法人で経理をやっておりまして、経費の支払いで迷っています。
個人事業者で整体師・鍼灸をやっている人に対しての支払いは、報酬として源泉徴収の対象になるのでしょうか?
源泉徴収のあらまし 第204条の報酬・料金で確認していますが、あてはまるものがなさそうなので、源泉徴収なしと考えてよろしいでしょうか。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 整体師・鍼灸の源泉徴収について

著者ぴぃちんさん

2018年09月17日 22:26

どのような状況で、どのような契約なのか、でもお返事は異なってくるかと思います。
御社が整体師や鍼灸師を雇用されているのか、法人として契約書をもって何かしらの契約を行っているのか、出張をうけて会社で施術を受けているのか、その対象は全職員なのか、等等、状況によって会社としての経費にそもそもできる場合もあれば、できない場合もあります。
状況判断ができない場合には、御社の税理士の先生にご相談いただくことが望ましいと思います。



> 法人で経理をやっておりまして、経費の支払いで迷っています。
> 個人事業者で整体師・鍼灸をやっている人に対しての支払いは、報酬として源泉徴収の対象になるのでしょうか?
> 源泉徴収のあらまし 第204条の報酬・料金で確認していますが、あてはまるものがなさそうなので、源泉徴収なしと考えてよろしいでしょうか。
> よろしくお願いします。

Re: 整体師・鍼灸の源泉徴収について

著者tonさん

2018年09月19日 20:13

> 法人で経理をやっておりまして、経費の支払いで迷っています。
> 個人事業者で整体師・鍼灸をやっている人に対しての支払いは、報酬として源泉徴収の対象になるのでしょうか?
> 源泉徴収のあらまし 第204条の報酬・料金で確認していますが、あてはまるものがなさそうなので、源泉徴収なしと考えてよろしいでしょうか。
> よろしくお願いします。


こんばんは。
単に施術料としての外部支払であれば源泉不要です。
それ以外の要素がある場合はまた別ですが特に書かれていないので外部支払施術料として判断させていただきます。
とりあえず。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    PAGE TOP