スポンサーリンク

相談の広場

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

売上高に計上するべき?

著者 山ポン さん

最終更新日:2018年10月16日 17:30

①A同業者から当方が受けていた仕事を、当方の都合でその仕事をB同業者に依頼した時は、
 当方が受けていた仕事なのでA同業者に対して 売掛金/売上高
 B同業者から請求され支払時 外注工賃/預金
としています。
②それでは、仕事を受けてくれる同業者を探して欲しいとA同業者から当方に依頼があり、当方が両者の間に入りB同業者に仕事を取り次いた場合はどのような仕訳になるのでしょう。
この時、B同業者はA同業者と直接取引がないため当方に請求が来ます。
今まで①と同様の仕訳をしてきましたが
当方が仕事を受けた訳ではないので売上に計上するのは違う気がするのです。
 A同業者に請求時、仕訳なし
 A同業者から入金があったら 預金/仮受
 B同業者から請求があり支払時 仮受/預金

これではおかしいでしょうか。
アドバイスください。


スポンサーリンク

Re: 売上高に計上するべき?

著者tonさん

2018年10月16日 18:46

> ①A同業者から当方が受けていた仕事を、当方の都合でその仕事をB同業者に依頼した時は、
>  当方が受けていた仕事なのでA同業者に対して 売掛金/売上高
>  B同業者から請求され支払時 外注工賃/預金
> としています。
> ②それでは、仕事を受けてくれる同業者を探して欲しいとA同業者から当方に依頼があり、当方が両者の間に入りB同業者に仕事を取り次いた場合はどのような仕訳になるのでしょう。
> この時、B同業者はA同業者と直接取引がないため当方に請求が来ます。
> 今まで①と同様の仕訳をしてきましたが
> 当方が仕事を受けた訳ではないので売上に計上するのは違う気がするのです。
>  A同業者に請求時、仕訳なし
>  A同業者から入金があったら 預金/仮受
>  B同業者から請求があり支払時 仮受/預金
>
> これではおかしいでしょうか。
> アドバイスください。


こんばんは。私見ですが・・・
業者紹介であればその時点で紹介業者と取引してもらうよう確認する必要があると思います。
B業者を紹介するのであとは双方でお願いしますとされるのがベストでしょう。
仲介であれば仲介料?手数料等の請求は無いのでしょうか?
また仕事を受けたのがB社であればB社から依頼先名の請求書を発行してもらう必要もあるでしょう。
まずB社に依頼先名での請求書を発行してもらいそれを御社を経由して依頼先に送付
支払は直接B社へ支払うという流れを作ることが大事な事かと思います。
御社宛の請求では売上を計上していないことで誤解が生じやすいです。
既に仲介した後であれば書かれた仕訳でもいいでしょうが請求書が御社宛では売上漏れと言われても仕方ない状況になります。
今後は一考を要する内容かと思います。
とりあえず。

Re: 売上高に計上するべき?

著者山ポンさん

2018年10月24日 16:13

> > ①A同業者から当方が受けていた仕事を、当方の都合でその仕事をB同業者に依頼した時は、
> >  当方が受けていた仕事なのでA同業者に対して 売掛金/売上高
> >  B同業者から請求され支払時 外注工賃/預金
> > としています。
> > ②それでは、仕事を受けてくれる同業者を探して欲しいとA同業者から当方に依頼があり、当方が両者の間に入りB同業者に仕事を取り次いた場合はどのような仕訳になるのでしょう。
> > この時、B同業者はA同業者と直接取引がないため当方に請求が来ます。
> > 今まで①と同様の仕訳をしてきましたが
> > 当方が仕事を受けた訳ではないので売上に計上するのは違う気がするのです。
> >  A同業者に請求時、仕訳なし
> >  A同業者から入金があったら 預金/仮受
> >  B同業者から請求があり支払時 仮受/預金
> >
> > これではおかしいでしょうか。
> > アドバイスください。
>
>
> こんばんは。私見ですが・・・
> 業者紹介であればその時点で紹介業者と取引してもらうよう確認する必要があると思います。
> B業者を紹介するのであとは双方でお願いしますとされるのがベストでしょう。
> 仲介であれば仲介料?手数料等の請求は無いのでしょうか?
> また仕事を受けたのがB社であればB社から依頼先名の請求書を発行してもらう必要もあるでしょう。
> まずB社に依頼先名での請求書を発行してもらいそれを御社を経由して依頼先に送付
> 支払は直接B社へ支払うという流れを作ることが大事な事かと思います。
> 御社宛の請求では売上を計上していないことで誤解が生じやすいです。
> 既に仲介した後であれば書かれた仕訳でもいいでしょうが請求書が御社宛では売上漏れと言われても仕方ない状況になります。
> 今後は一考を要する内容かと思います。
> とりあえず。
>
>

tonさん

アドバイス、ありがとうございました。
とても参考になりました。

Re: 売上高に計上するべき?

著者山ポンさん

2018年10月24日 16:13

> > ①A同業者から当方が受けていた仕事を、当方の都合でその仕事をB同業者に依頼した時は、
> >  当方が受けていた仕事なのでA同業者に対して 売掛金/売上高
> >  B同業者から請求され支払時 外注工賃/預金
> > としています。
> > ②それでは、仕事を受けてくれる同業者を探して欲しいとA同業者から当方に依頼があり、当方が両者の間に入りB同業者に仕事を取り次いた場合はどのような仕訳になるのでしょう。
> > この時、B同業者はA同業者と直接取引がないため当方に請求が来ます。
> > 今まで①と同様の仕訳をしてきましたが
> > 当方が仕事を受けた訳ではないので売上に計上するのは違う気がするのです。
> >  A同業者に請求時、仕訳なし
> >  A同業者から入金があったら 預金/仮受
> >  B同業者から請求があり支払時 仮受/預金
> >
> > これではおかしいでしょうか。
> > アドバイスください。
>
>
> こんばんは。私見ですが・・・
> 業者紹介であればその時点で紹介業者と取引してもらうよう確認する必要があると思います。
> B業者を紹介するのであとは双方でお願いしますとされるのがベストでしょう。
> 仲介であれば仲介料?手数料等の請求は無いのでしょうか?
> また仕事を受けたのがB社であればB社から依頼先名の請求書を発行してもらう必要もあるでしょう。
> まずB社に依頼先名での請求書を発行してもらいそれを御社を経由して依頼先に送付
> 支払は直接B社へ支払うという流れを作ることが大事な事かと思います。
> 御社宛の請求では売上を計上していないことで誤解が生じやすいです。
> 既に仲介した後であれば書かれた仕訳でもいいでしょうが請求書が御社宛では売上漏れと言われても仕方ない状況になります。
> 今後は一考を要する内容かと思います。
> とりあえず。
>
>

tonさん

アドバイス、ありがとうございました。
とても参考になりました。

1~4
(4件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP