スポンサーリンク

相談の広場

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今話題のキーワード: 児童手当 休業補償給付支給請求書

2つの事業所にまたがる退職金

著者 kamisen さん

最終更新日:2018年11月06日 11:29

質問させてください。
7年前に、ある法人(Aとします)に就業し、4年半勤務した事業所で
抑うつの診断を受け、1年半休職いたしました。復職にあたり法人Aでは
困難であるとのことから、異なる事業所(Bとします)に配属となりました。
Bは法人Aが役所から委託されて運営管理をしている事業所なのですが、配属時に
給与、労働条件などはBに従うとの覚書を上司とかわしました。
Bにおいて1年2か月勤務しましたが、退職に至ります。
この場合、退職金規定はAを適用するのでしょうか?それとも1年2か月分はBの規定を適用するのでしょうか?
異動時に、法人Aの退職金通帳からBへ4年半分の退職金は移動してあります。
わかりづらくて申し訳ありませんが、ご教示頂ければ有り難いです。

スポンサーリンク

Re: 2つの事業所にまたがる退職金

著者村の平民さん

2018年11月06日 11:40

著者 kamisen さん 最終更新日:2018年11月06日 11:29 について私見を述べます。

① 退職金については、退職所得に関する所得税の規定はありますが、支給額などについての労働基準法などの決まりはありません。

② 従って、退職金を支給するであろうところの雇い主が定めた「退職金規程」などに従うことになります。

③ それ故、総務の森の閲覧者が意見を言える立場ではありません。

④ 法人AとBの規定によるので、その両者に尋ねましょう。

Re: 2つの事業所にまたがる退職金

著者kamisenさん

2018年11月06日 11:42

村の平民さま

素早い解答ありがとうございます。
よく理解できました。
ありがとうございました。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    PAGE TOP