スポンサーリンク

NEWS TOPICS

最新Pick Up(10件)

※続きを読む際には、外部サイトへ移動します

最高限度額など引上げ 介護補償給付見直し 厚労省4月から

最高限度額など引上げ 介護補償給付見直し 厚労省4月から

労働新聞社 2019.03.26

厚生労働省は4月から、労災保険法に基づく介護(補償)給付の最高限度額と最低補償額を引き上げる。このほど、同法施行規則改正省令案要綱を労働政策審議会に諮り、「妥当」との答申を得ている。  介護(補償)給付の最高限度額と最低補償額の引上げは、昨年度実施した「労災保険制度における介護(補償)給付に関する状況調査」において、現在の最高限度額でまかなえないケースが少なくないことが明らかになったため実施す……[続きを読む]

「生産性」で人事評価 労働時間の削減後押し 住友生命

「生産性」で人事評価 労働時間の削減後押し 住友生命

労働新聞社 2019.03.26

住友生命保険相互会社(橋本雅博取締役代表執行役社長)は今年4月以降、内勤職員の人事評価の項目に「生産性の視点」を採り入れる。評価結果は、賞与などで反映する方針だ。  同一の成果であれば、より労働時間が短く効率的に働いている職員を評価する。労働時間を短くしたうえで、顧客に新たな価値やサービスを提供したケースなどに高い評価を付ける。  同社は昨年以降、……[続きを読む]

放射線 基準値超える被曝で送検 保護具付けず30年間 土浦労基署

放射線 基準値超える被曝で送検 保護具付けず30年間 土浦労基署

労働新聞社 2019.03.26

技術者が手指切断に  茨城・土浦労働基準監督署(工藤好央署長)は放射線技師に基準値を超える被ばくをさせたとして、医療法人社団筑三会(茨城県つくば市)と同法人の理事長を労働安全衛生法第22条(放射線による健康障害防止措置)など違反の疑いで水戸地検土浦支部に書類送検した。技師は平成28年に皮膚がんを発症し、右手の人差し指を切断する手術を受けた。プロテクターと測定器を付けずに30年近く検査業務に従……[続きを読む]

安全性情報を公表 貸切バスに検索サイト 国交省

安全性情報を公表 貸切バスに検索サイト 国交省

労働新聞社 2019.03.26

平成28年1月に発生した軽井沢スキーバス事故を踏まえ貸切バス事業者に安全情報の報告を義務付けている国土交通省は、貸切バス会社の安全性を検索できるサイトを開設した。安全対策に積極的に取り組む事業者が利用者から選択される環境を整えるのが狙い。  安全性に関する指標としてサイトで公開しているのは、……[続きを読む]

新在留資格「特定技能」制度の運用の詳細決まる

労働新聞社 2019.03.25

新たな外国人材の受入れに向けて4月から運用が開始される新在留資格「特定技能」制度について、雇用契約内容の基準や企業における支援内容などが明らかになった。 関係政省令が公布されたほか、法務省が運用要領を公表した。 (出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令) http://www.moj.go.jp/content/001288505……[続きを読む]

職務情報提供書入手し支援記載 厚労省など

職務情報提供書入手し支援記載 厚労省など

労働新聞社 2019.03.25

厚生労働省や神奈川産業保健総合支援センターなどは、医師を対象に、仕事と治療の両立支援に関するセミナーを開催した(写真)。  産業医科大学病院両立支援科診療科の立石清一郎科長が、主治医意見書の書き方を解説。原則として、元の仕事への復帰をめざし、企業の行うべき配慮を記載するとした。「実態にそぐわない意見にならないよう、『職務情報提供書』を入手するのが望ましい」とする。たとえば激しい腹痛を訴える事例……[続きを読む]

メッセHDに安衛優良認定 東京労働局

メッセHDに安衛優良認定 東京労働局

労働新聞社 2019.03.25

東京労働局(前田芳延局長)はこのほど、安全衛生優良企業認定証交付式を開いた。社員の安全と健康確保に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を満たした企業として、パチンコホールへの人材派遣業㈱メッセホールディングス(東京都中央区、宮本君夫代表取締役社長)に対し、同労働局の中村克美労働基準部長が認定証を手渡した=写真。  同社は、1人の社員に業務が集中しない工夫を講じるとともに、時間外労働が月20時間を……[続きを読む]

新卒が共同して新店舗運営 育成方法を見直す 串カツ田中・4月から

新卒が共同して新店舗運営 育成方法を見直す 串カツ田中・4月から

労働新聞社 2019.03.25

同期とのつながりなど重視  ㈱串カツ田中ホールディングス(東京都品川区、貫啓二代表取締役社長)は今年4月から、新入社員が共同して新店舗の立上げを繰返し行う育成制度を導入する。同期と共にいる期間を伸ばしたり、トレーナーを配置したりして安心感を持たせる。早くから責任ある業務に携わらせてやりがいも感じさせ、早期離職を防ぎたい考えだ。……[続きを読む]

健康管理時間で算定 高プロ対象者の最賃適用 最賃法施行規則改正案

健康管理時間で算定 高プロ対象者の最賃適用 最賃法施行規則改正案

労働新聞社 2019.03.25

厚生労働省は、高度プロフェッショナル制度の適用を受ける労働者の賃金の換算方法などを定めた最低賃金法施行規則改正省令案要綱について、労働政策審議会から「妥当」との答申を受けた。高プロ適用者の賃金を最低賃金と比較する際は、賃金を労働基準法で定める「健康管理時間」で除して時間当たりの金額に換算するとしている。答申を踏まえて省令改正作業を進める方針で、改正省令の施行は今年4月1日の予定。……[続きを読む]

19春闘 「最大限」の回答に手応え 6年連続で賃上げ 金属労協

19春闘 「最大限」の回答に手応え 6年連続で賃上げ 金属労協

労働新聞社 2019.03.22

金属大手約1400円  3月13日の集中回答日、金属労協の髙倉明議長は、先行大手の賃上げ回答について「最大限引き出した」と述べた。国内経済にかげりが生じている中での成果と胸を張り、以後に連なる中堅中小が大手を上回る賃上げで格差是正を実現するよう期待を寄せた。同日、賃上げを要求した49組合中の35組合が同様の回答を引き出し、獲得額の平均は1373円。前年より200円弱低いが、6年連続の賃上げに……[続きを読む]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP